FC2ブログ

固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   記事右   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


爆速☆東京都知事選速報!(予想)

誰よりも早い!
オレ的!超★選挙速報!


夜9時に寝て、深夜0時に目が覚め、
どうしても、
今すぐみんなに伝えたいことがあって、
もう眠れなくなってしまった、
可哀そうなワシ!

現職、小池〇合子氏の圧勝!

本日行われる東京都知事選について
にゃん王国特務機関「NYALF」(にゃるふ)と
日本版CIA「SBS」(「週刊文春」、な!)
による合同極秘リサーチ結果を
「NOF」(にゃん王ファンクラブ)が独占取材した。

【誰よりも早い!東京都知事選結果速報】

投票率:49.7%(たぶんこのくらい)

WINNER:「みどりのたぬき」こと、
「政界のリトル”グリーン”モンスター」
小池〇合子氏、
得票率:43.2%
(たぶんこのくらい)

次点:「これからのポピュリスト」こと山本〇郎氏
得票率:22.7%

3位:「冷やし中華、はじめました」こと宇都宮〇児氏
得票率:18:1%

4位:「日本衆愚政治の結晶」こと立花〇志氏
得票率:10.8%

その他:「その他モブキャラのみなさん」
合計得票率:5.2%

さて、実際は、どうなることやら?


ざぁーざぁー
(あなたの頭の中に「謎のでむぱ?」が流れ込む音!)

イカ、貴方の頭の中に直接に送り込まれる音声と映像!
(誤変換なんか気にしちゃダメダメ♡)

緊急生放送!
池沼AKIRAの! アホでもわかる!
都知事選☆超爆速速報(予想)!


:どこかの国の民族衣装(?)に身を包んだ、
「歴戦の女子アナウンサー」(おばあちゃん)が
勇ましく登場!

(例のアナ)
崇高なるにゃん王国、
にゃん王陛下に仕える全臣民たちよ!
まずは、
こんばんにゃ!
(映像が切り替わり、
東京ドームいっぱいになるまで動員された
「にゃん王国臣民」たちが
眠い目こすりながらも精一杯の作り笑顔で、
「にゃんおうさま」→「こんばんにゃ!」
との巨大な「マスゲーム」。)

(最近見ない、アノアナ)
コロナウイルス拡大防止のため、
1年の実施延期を求めた
我が国からの「一方的な警告」を完全に無視!
本日、東京にて
「恥を忘れた憎き駄犬」ども、
「家の中の汚物」どもが、
厚顔無恥にも「選挙」なぞを行うっ!

(映像が切り替わり、
再び東京ドームいっぱいになるまで動員された
にゃん王国の臣民たちが
眠い目こすりながら
「そうだ!」→「クズ野郎!」
とマスゲームする映像。
会場内でちょっと遅れたトロいヤツが
「にゃん王国親衛隊」に
「ケツバット」されている姿もチラホラ。)

(おばあちゃんのアナ)
クズの裏切りどもたちには!
ゴミが犯した罪の大きさを気づかせる必要があるっ!

(映像が再度、切り替わり、
再び東京ドームが超満員になるように
「1時間1,013円の最低賃金」で
動員されたと噂される
にゃん王国の臣民たちが、
眠い目こすりながら
「そうだ!」→「このゴミ野郎!」→
「ロケット!」→「🚀」→
「髪型!」→「☎」

( ´∀` )
そんでもって会場内では
ちょっと遅れたトロいヤツが
「にゃん王国親衛隊」に、
もう一回、「ケツバット」されている姿がチラホラ。)

(例のおばあちゃん)
今宵、「光輝く我らのメシア」、
「暁の王」にして
「100人に1人の難治性メニ患者」、
「ニルバーナ(涅槃)の地平で
蓮の花の中にて鎮座するもの」
、との異名を持つ
我ら「にゃん王国」の国王、にゃん王様と、
偉大なるにゃん王国の「特別政治顧問」を務める
「池沼AKIRA」氏のお二方が
東京都知事選の結果について
大胆予想を行うのである!

(映像がさらにもう一回、切り替わり、
再び東京ドームいっぱいになるまで動員された
にゃん王国の臣民たちが
死んだように眠い目こすりながら
「イケイケ、にゃん王!」→「ゴーゴー池沼!」
とマスゲームする映像。
会場内でちょっと遅れたトロいヤツが
「にゃん王国親衛隊」に
「どこか」に連れていかれる姿もチラホラ。)


(池沼氏)
さて、にゃん王様、まずは東京都知事選について
どのような見解をおもちでしょう?

(にゃん王様)
まぁ、今日は
予想どおりの結果、
政界の「リトグリ」、
みどりのたぬきの圧勝じゃ!

20歳以上30歳未満の若者層の投票率が極めて低い!
この層は政治に無関心、というよりは、
もはや「意味」をみつけられないのかもしれん。
「投票する相手がいない」、
「誰がなっても一緒だろ」
「知らねぇし。小池?山本?ナニそれ地球人?」
そういう意見があるのももっとも話じゃな。
もうこの国の若者は、
「選挙なんていう茶番じみたサーカスで代表を選ぶことのおかしさ」」に
本能的に気づいておるのかもしれんのう。
はやく日本も我がにゃん王国のように、
「国会議員くじ引き制度」を導入すればよいのじゃ。

(池沼)
なるほど。
国民が国政に関わる手段としての「選挙」は
つまるところ民主制の歴史的発展途上の手段であり完成形ではない、
国民が政治に関わる手段としては
「裁判員制度」のような政治参加方式も
「代表民主制」の一つのあり方として成り立つではないか、
それによる政治決定も
政治的な正統性を有するのではないか、
国民が政治を「自らのもの」として
真剣に考えるためには、
むしろこういった制度のほうが相応しいのではないか、
そういう経緯で導入なされたと記憶しております。

(にゃん王様)
あとは、「選挙」にかかる費用を抑えられる。
これも大事じゃ。
高額過ぎるのじゃよ、選挙にかかる費用が。
そのコストに見合うだけの「代表」じゃなかろう、
投票率が5割にも満たないのじゃからな。

それと、ヘンテコな経済団体、たしか、
「経団連」とか言ったかな、
「政治よりも経済!国民よりも我ら経営者の暮らしが一番!」
こういう利益集団が政治に対する影響力を持ちすぎたんじゃな。
圧倒的な資金力と組織的投票力を背景に
もうやりたい放題じゃ。
このままいったらいずれにゃん王国は
「政治も民営化」されてしまって大変なことになる、
そう思ったのじゃよ。
(池沼)
なるほど、ですが、
そういったにゃん王様の政治姿勢、
政治運営に対しては
「古臭いコミュニスト!」やら
「おまいがポピュリスト!」との批判もあるようですか?

(年くって貧相になったハマーン様みたいな顔した、アノ人)
たったたった!(足音!)
びっしぃーん!
突然にアノ人が収録スタジオに乱入!
池沼解説員の頬に渾身のビンタをブチかます音!!

(にゃん王様)
よせ!よすのじゃ、ヨセイ!
(ごめんな、みんな。ワシは今日は、
これだけ、コレだけ言いたかったのじゃよ!

「よせ、よせい!」
コレがなぜか頭に浮かんで、眠れなくなったのじゃ・・・)

( ^ω^)・・・

(映像が切り替わり、
再び東京ドームいっぱいになるまで動員されたけど
もう1時間経過したので
ガラガラになったその会場で、
いそいそと帰り支度をしていた
にゃん王国の忠臣たちが
突然カメラを向けられ、
あわてて隊列を組み、
「にゃんおう!」→「大正義!」→
「池沼!」→「カエレ!」→
「ヨセイ!」→「♡」

とマスゲームする映像。
なお、にゃん王国親衛隊は
所定の勤務時間が過ぎたので、もう帰宅した模様。
実は「働き方改革」ってのをとっくに実践していた
先進的な啓蒙主義的立憲専制独裁国家(?)
それがにゃん王国!)


(にゃん王)
そうではないのじゃ。
ただ、ワシが目指しておるのは、
国民が自分たちで国のあり方を決め、
自分たちで責任をもつ。
そのルールを定めた国家の基本法を
ないがしろにするのが許せんだけじゃ。
ルールは守れ、それだけじゃよ。
ルールがおかしいと国民が判断したら
しっかりとルールに従って変更しろ。
それだけじゃ。

憲法では「国民の代表」となっておるが
実質は「利益集団の代弁者」に成り下がった議員。
「法の下の平等」となっているが
その「法」自体が特定クラスタの利益確保のためになっている国。
「戦力の不保持」といいながら
高性能戦闘機をなぜか持ってる国。
「政治と宗教の分離」といいながら
宗教団体が政党を作って与党にすり寄っている政治。

憲法」やら「民主制度」が
うわべだけ、
形式だけ整備されて形骸化し
実質的には機能していない国。


だれも真剣に国のあり方を考えない国。
議員もそう、国民もそう。
みんな誰かに「責任」を「丸投げ」してる国。

そういうのがイヤなだけなのじゃ。

(池沼)
そろそろお時間になりますが、
今回の都知事選、候補者の総括をお願いします。

(にゃん王様)
みどりのたぬきが圧勝したのは
投票をした人が、
"Lesser evil "を選んだ、
(選択肢が全て「クソ」しかないとき、
その中から「まだマシ」だと思う方を選択する行動)

コレによるものじゃな。
「少なくとも、今よりクソな状態になるのはイヤ」ってワケだわな。
少なくとも今の生活は守りたい、
そういう意識が強くなる40代以上から
高齢者を中心として安定の得票率じゃ。

山本〇郎氏が沈んだのは衆院選の公認候補が原因だと思うな。
その前の参院選で重度の障害者を比例上位にして
あれだけ派手にやったのなら、
そのまま衆院の公認候補も
障害者やらシングルマザーとかLGBTの方だけにすればいいのじゃよ。
旧態依然とした方々をたくさん候補に入れたのが間違いじゃ。
結局、あやつは参院選で
「誰も正面切って批判できない重度障害者」を候補者にして
いいように使った、
極悪ポピュリスト
なんじゃないか、そう判断されたんじゃろうな。
政策的には良さそうなことも言ってるけど、
(「立憲民主主義の復権」という「にゃん王思想」かと思ったが。)
「都民一人に10万円配布!」って言った時に一気に冷めた。
一言で言って、
愚民論感、露骨すぎ。
エサで釣るなよ、釣られるな。

今の生活に「強い不満」を持つ層と
これからの社会に不安がある若年層には受け入れらるんだろうけど。
投票権を持つ若年人口が少ないことが厳しい。
全世代、全クラスタに対する「訴求力」が足りなかった。

宇都宮〇〇さん。
出自がエリート層なんで今の時代には受けない。
一昔前だわ、全てが古くってダメ。
どの層に訴えるのか?
さらに全方位を見すぎたことで沈んだな。
もっとエッジを利かせないと勝てないよ。
今どき「冷やし中華、はじめました」じゃダメ。
「中はほんわり、外はカリッ♡ フレンチトースト、はじめました」。
今はコレじゃ。

立〇孝志さんに投票した人は、
完全な愚民ですね。
NHKをぶっ壊す!
「それだけの人」を都知事にしよう、って本気で思ってる人は、
心底、愚民だな。

にゃん王国にぜひ欲しい人材ですね。
なにせ、マスゲームの参加者が少ないからのう!

・・・

映像が切り替わり、
再び東京ドーム。
ほとんどからっぽ。
ごく数人の臣民がサイリウム?ペンライト?
それでもそのごく少数の臣民が、
「L・O・V・E」→「にゃんおー!」
まったく、「文字」にならないほどヘタ、っていうか、
動きに統一感がない!

うぇーん!
(突然泣き出すにゃん王さま!)

にゃん王国なんて
どこにもなかった(´;ω;`)ウッ…・・・

(「ゆかり王国」は今もワシの心に中にある。
だからもう泣くな!ハワイになんか行くな!)

おしまい。

なんじゃ、コレっ!?


( ^ω^)・・・

今日は都知事選ですね。
まぁ、リトルグリーンモンスターこと
みどりのたぬき、
コレで決まり!

ホラ笑って!(たぬちゃん)
おーらい!(サイリウム持った愚民たち)
せっかいは?(たぬちゃん)
今日もー、この瞬間もー♪
(コロナで)
あふれだす
スマイルふぉーみぃー♪(ペンライトもった愚民たち)

いや、笑えねぇよ。
早く規制かけろって。アラート出せよ。

そんでさ、
みどりのたぬきってさ、
結局、何をどうしたいのか?
横文字ワンフレーズばかりでワカンネェんだよね。
東京をどうしたいの?
ねぇ、もしかして、
この秋にいきなり辞職して
そんでもってもう一回、
衆院選挙に立候補とか、しないよねぇ?

・・・・・・

なんかとても
「すっきり!」したので、ボク、寝まーす!

そんじゃまたね!
バイバーイ!





スポンサーサイト



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

メニエール病患者の「正典」

メニエール病患者ならぜひ持っていただきたいこの1冊!

オッス!オラ、にゃん王!
全国のメニエラーのみなさん!
今日も内リンパ水腫、パッツンパッツンに腫らしてますかっー!
いぇっぇえええーい!!!!
ワシも、でぇーす(⋈◍>◡<◍)。✧♡!

今日も天気は朝から
土砂降りだったり急に晴れたり。
今はまた土砂降りです。
これも病状悪化の一因なんでしょうね。
「気象病」の範疇にメニエール病その他内耳性疾患は入るのではないでしょうか?

笑うしかないほど絶賛病状悪化中!で
今日は一日寝たきり、今はそのせいで
全く、寝られない、ワシこと、にゃン王様なのでありますっ!
(「ン」がおかしいけどまぁいいや!!)

そんな中、今日はぜひ、
全国のメニエラー(メニエール病患者、な!)に
紹介したい書籍があるので
その紹介をしようと思います。


それがコチラ!

「メニエール病・遅発性内リンパ水腫診療ガイドライン2020年版」
(一般社団法人 日本めまい平衡医学会編 金原出版)

定価:2600円+消費税

コレ、な。
ひょうし1

患者ごとに症状の軽重が大きく異なるのが
「メニエール病」の特徴でもある


※ 以下、記事の本文は、紹介する書籍の内容とは関係のない、
にゃん王個人の意見になります。書籍を購入し、正しい知識を身につけましょう!


メニエール病ってのは本当に面倒な病気です。
このブログでも何べんも書いてきたとおり、
「めまい」を起こす病気はメニエール病以外にも
いっぱいあります。

さらに面倒なことに、
本当に「メニエール病」と診断された人のなかでも、
メニエール病で一番辛い「回転性めまい発作」が起こる
「頻度」には、かなりのばらつきがみられます。
発作期が年に1回の人もいれば
それこそ10年に1回の人もいます。
また、1回の発作期が1カ月以内で治まってしまう人もいれば
ワシみたいに比較的長期間に渡ってしまう人もいます。

また、一般論ですが、
「回転性めまい発作」を経験した回数が多くなればなるほど
内耳の有毛細胞がどんどんと死滅していき
難聴症状が固定化してしまったり、
前庭機能が破壊されて平衡機能障害が固定化してしまいます。

ワシもメニになりたてのほやほや、
ほっかほかの湯気が
内耳蝸牛からでてきそうな、
(でねぇから、な。そんな得体の知れん病状はないからな!)
ごく初期の頃は、
あの辛い、地獄の回転性めまい発作を耐えきったあと、
悪い方の右耳の「詰まり感」が、
「すぅっー」って感じで抜けていき、
とっても「スッキリ!」したことをよく覚えています。
聴こえも良くなるんですよね。


それが、何回も発作を起こすうちに、
発作後の
「すっきり感」が無くなっていくんですわ・・・
現在、右耳の聴力は、
発作を起こしていない平常時でも全音域
フラットで70dbくらいになってしまいました。
平衡機能障害も固定化し、発作を起こしていない時でも
常に浮動感があって、外出時には杖マストになってしまいました。

病人こそ、自分の病気について正しく理解すべき

メニエール病というのは、先にも書きましたが、
人によって「症状の軽重」にかなりの違いがあります。

メニに罹患後、
回転性めまいが頻回する「発作期」が
(ちなみに手術後では1回の発作期は概ね1カ月以上6か月以内で治まってきました。)
1、2回程度あっただけで運よく再発せず、
その後は「発作期」を長期間に渡って経験しない人のほうが多いとも言われています。
発作の回数が少ない場合には、
内耳の侵襲度が軽度で済みますので、難聴やら平衡機能障害の程度も
さほど気にならない場合が多いのですね。
ですから、メニエール病になってしまった人でも、
程度によってはさほど日常生活に支障なく
普通の生活を贈れている方も大勢いると思います。

その一方で、ワシみたいに、
たまたま、運が悪くって、
ほぼ毎年のように「発作期」を経験し、かつ、
その発作期が長期化してしまう人もいます。
これを難治性メニエール病患者といいいます。

メニエール病のように、
患者によって「病の軽重が大きく異なる病気」の場合には、
「個人によるメニエール病体験記」(ワシのコレ!)とか、
「5ちゃねる」に代表される「書き込み掲示板」から
「メニエール病という病気を正しく理解する」というのは
非情に難しいことだろうと考えます。

たとえば、もしもワシが、
ごく初期の頃でまだ発作後に
「すっきり!した感じ」があった頃にブログを書いていたら?
おそらく、このように書いたでしょう。
「メニエール病は完治する!」。、と。
実際、そういう人も、いらっしゃいますし、
それがその人にとっては真実なのです。
そして、治ったときにたまたま、毎日散歩してたり
ヨーグルト食べてたりはちみつなめてたり
蜂の子バクバクムシャムシャしてたら?
水とかガバガバ、飲んでたら?
ワシだったらもちろんこう書きますよ、
「○○○はメニエール病に効果あり!」、とね。
○○○をしたから治ったんじゃないか、って、普通、思いますからね。
それがその人にとっては間違いなく事実なわけですから。
「治った、完治した」っていう方の書き込みやらブログを見る、読むときは、
「そういう人もいるんだな」、
この程度にしておくべきだと私は考えます。
その人がやったことは、
「へぇ!」程度にしておくべきですね。
それをやったら、全ての人が良くなるとは限りません。
たまたま、その人の発作期が、
時間の経過により治まっただけかもしれない、
そういう可能性が否定できないわけですからね。


5ちゃんなどの「書き込み板」では、
いつの時代も様々な人が様々なことを勝手気ままに書きこんでいます。
「メニエール板」でいつも議論が荒れているのは、
メニエール病が患者によって症状の程度や病気の進行度が大きく異なり、
患者間でなかなか同じ病状やら体験を「共有」することができないことが
要因の一つではないかと考えます。
唯一、本当にメニエール病の患者に共通しているのは、
「回転性めまいはマジでパネェ!死ぬかと思った。」
これだけですから。

メニエール病は、まだ発症原因もわからず、
残念ですが、何一つ効果的な根本治療法がない病気です。
ネットで「治った」とか、「完治した」と書いてる方も再び発病するかもしれません。
(なお、難治性疾患には「寛解」はあっても「完治」はありえませんね。)
運よく、「間けつ期」が長いだけなのかもしれません。
人によってはお亡くなりになるまで2度と再発しない人もいらっしゃると思います。
とにかく今もよくわからないことが多い病気なのです。

私の個人的な経験則からでは、
メニエール病の発作期は、
「時間の経過によってのみ自然と治まっていくもの」だと思っています。

発作期は、
どんなに辛くても、今はがまん。がまん。

これしかありません。今は、私はそう思っています。
何かをすれば発作が起きなくなるとか止まるとか、
そういうものは残念ながら
今の医療科学レベルではまだ、証明されていないと思います。
ですが、着実に、
いろんな方面からの研究は進められているようです。
私は医療と科学の進歩に期待しています。
だから、絶望はしていません。

このように書くと、必ず出てくるのが、
「今の科学でわからないこともたくさんあるじゃないか、
だったら○○〇が有効な可能性もあるじゃないか!」、これですね。
「論理的」には、そのとおりです。
ですが、そういう批判をなされる人に言いたいのは、
少なくとも、「今の科学程度」でも、
あなたが強固に主張している
「ほめおぱしー!」とか
「電磁波!」とか、
「顎の調節!」とか、ですか?
こういうものは「メニエール病の治療やら発症に全く関係がない」ことは
すでにいくつものメタ研究などにより十分に立証されていると考えますし、、
(顎からくる浮動性のめまいは別の病気じゃわ。)、
あなたがおっしゃっている「あなたなりの科学的根拠」っていうのが
どこかで聞きかじったようなトンデモ理論をテキトーにつなぎ合わせた
「疑似科学のフランケンシュタイン」にしか、私には思えないのですよ、
「ノーベル賞を取った研究者がっー!」って仰っていますが、
あれは、「イグ・ノーベル賞」、コレな。
英語も読めねぇのかよ、あ、
おまい、中卒だったな!
m9(^Д^)プギャー

ワシにメールを送ってくるその界隈の方々。
今日もお疲れさまです。
そんで、さ、
あんまりね、科学をなめないでいただきたい。
マジメに医療科学にとり組んでいる人に対する侮辱ですね。
研究者や科学者、
そういう専門家の「専門知」というものを、
バカにすんじゃねぇぞ、このやろっ!、
てめぇらはあめちゃんしゃぶって水道水でもがぶ飲みしてろ、
もうだまっとけ、このクソBBA!って、思うですけど、
ボクは何といって生まれながらの「ジェントルマン」、
そう!
頭の先からつま先まで「全身ジェントルマン!」ですから、
そういう暴言は吐きません。
「知性」が疑われるようなことはしません。
ひとりで信じてやってる分にはいいんですけど、
なぜだか「仲魔」(ナイス誤変換!)を作ろうと必死なんですよね、
ワシの記事にやけに噛みついてきたり?
ばかだなぁ、ほんと。
「神」であるこのワシに邪教の説法など効く由もなし!
片腹痛いわ、この外道どもっ!
地獄の業火で正しくエクソシズムしてやるぜぇ!
タヒね!邪教徒!
必殺!
メギド★ふれぃーむっ!
あ、コレじゃワシがアクマじゃな!
まぁいいや!

( ´∀` )

長くなりましたけど、
未だにわからないことの多いメニエール病ですが、
この病気についての
現在の「常識」がこの本を読めばわかります。


内容は、素人にもわかるよう極めてやさしく、
読みやすさ、わかりやすさに十分に配慮されたまさに「良書」だと思います。
メニエール病についてはA4で67ページ程度のボリュームですので
1時間もかからず読めると思います。

全国のメニエラーは、
この本を何度も読み、わからない単語や概念はググったりして、
しっかりと、内容を理解すべきだと思います。


メニエール病は、
他人からはなかなか理解されがたい病状のある病気ですが、
メニエラーたるもの、、
「せめて自分が、自分の病気の最高の理解者であるべき」だと、
私は思うのです。


とても興味深い内容がたくさん書かれています。
診断基準2

お役立ち情報1

ワシのぬっこ(たぁ坊♀2歳)
お役立ち情報その2

いつも邪魔しにくるぬっこたち
手前 「びぃ君」(♂もうすぐ1歳、たぁ坊の実弟)、机の上「たぁ坊」
じゃまするやつぅ!
たぁ坊はいつもワシと一緒にいるんですわ。
ワシの部屋から出ようともしない。
寝るときもくっついてくるんです、
もう寝ようっていう催促ですね、
うわ、こんな時間か!

今日はグル凛子(回転性めまい、な!)は、
こなそうな感じだ。
もう一生、ホンマに、会いたくないんだよ、りんこ♡
🐔
さて、今日は寝る前の腹筋、腕立てしてみるかっ!

あ、最後に、この本を買おうかな、って思ってる人!
ワシからのお願いなんですけど、
できれば、
メニエール病とか同じような病気の人の
ブログ経由(アフィリエイトってヤツ、な!)で購入して
いただけませんか?
あなたに何もでデメリットも危険性もありませんから。
今確認しましたが、
アマゾン、楽天でもまだ購入できます。
さらに、可能であれば、
「脊髄小脳変性症 びょーきもち」でググると出てくる
ワシのダチのとこで買ってやってもらえませんか?
なんでか?
いや、ちょっと、ワシ、
ヤツの恋路?を邪魔したんでね!
( ´∀` )

そんじゃ、今日はコレまで!
またね!
バイバーイ!



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

鶏(にわとり)と馬鹿

ニワトリと馬鹿

オッス!オラ、にゃん王!
今日はメニエール病には全く関係ないんだけど、
最近ワシが気になっている
「レジ袋有料化」、コレについて考えてみようと思う。
あ、メニの具合はどうか、ですか?
今日は冒頭で何も言ってないじゃろ?
そこから「エアリーディング」してください。
ま、「ワンフレーズ」で言うとしたなら、
だ・め・ぽっ♡
コレ、な!


「レジ袋有料化」で「環境保護」ってヤツぅ!

スーパーやコンビニのレジ袋が有料化。
みんなの住んでるとこはどう?
ワシんとこは6月頭くらいからもうやってる。

そんでもって、
有料化する理由ってのが
「経営悪化により」とか
「収支改善のため」とか
「石油製品の値上げに伴い」とかだったらわかるんですが、
なんなんだろう、
「環境保護のため」って。
ワシはこれに凄い違和感を覚えるんです。
なんだか気持ちが悪くなるんですね。

その理由を箇条書きしてみる。

プラスチックごみ削減で環境保護を目指すなら、 
① 商品棚に並んでいる商品のビニール包装を規制すべきではないか?
② なんで「有料化」なのか?「廃止」じゃないのか?
   環境保護で切羽詰まってるって言ってる割にはレジ袋有料化の「値段設定」が安すぎないか?
③ これまでレジ袋を有効活用してきた家庭ではレジ袋に代わってホームセンターで売られている「ゴミ箱用のビニール袋」を購入して使用しているが、コレって環境保護の観点からはどういう意味があるのか?
  (全然、削減されてねぇよなぁ!)
④ 市が指定するゴミ袋はなんでオッケーなのか?
  (高温焼却炉の普及でダイオキシン等の有害物質排出が抑えられるから?だったらレジ袋は?)
⑤ 仮に、「市のゴミ袋は有害な素材を使用していない」とするならば、スーパーやコンビニのレジ袋を「そういう素材」のものにする運動をした方がエコロジーにつながるのではないか?
⑥ プラスチックごみ全体に占めるレジ袋の量はそんなに多いのか?
⑦ レジ袋は他のビニール製品とは違って道路や公園、海や川に捨てられる率が高いから有料にして減らそうという目的だとしたら、 道路や公園などにレジ袋を平気で捨てる公共心やらモラルのない「うすらバカの底辺DQN」(!)に対する「締め付け」(犯罪行為とする、とか)をした方がいいのではないか?
 
恐らく、スーパーやら小売業界の本音は、
「収益の改善」というところにあるのだと思うんです。
もしそうだとしたならばなんで正直にそう言わないのか?
これがまず、気持ちが悪い。
「環境保護!」なんていう誰も反論できない、
反論するのに憚られる、
そういう、なんていうかな、
「一発で思考停止効果のあるワンフレーズ」を用いて
真の意図を巧妙に隠すってのが、
気持ち悪いんですわ。

環境問題として言えば何よりも「悪」なのは、
自分勝手な場所に捨てる公共心のないDQN(どきゅん)だと思うのですが、
そういうドキュンに対する制裁っては
本当になくてもいいのですか?

なんか気持ち悪いんですけど・・・

「環境にやさしい」とか、
「やさしい」っていう曖昧なフレーズを
環境問題について語るときに使う風潮が気持ち悪い。

そういう
「曖昧な、多義的なワンフレーズ」を使う時ってのは、
「もうそれ以上は深く考えないようにしましょうね♡」って
言われているような気がして、
で気持ちが悪い。
「おまえはニワトリ。もうそれ以上考えなくてもいいだおっ♪」って
見下されているようで、
気持ちが悪い。
それで本当のバカ(道路にゴミ捨てたりするバカ)が
何にも罰せられないってのがなによりも
気持ち悪い。

あ、やべぇ!
なんか耳がキーンって、気持ち悪くなってきた!!

ちょうどいい機会なのでワシが
「キモイと思うこと!」を
まとめて書いてみる。

ワシの家の近くのコンビニやらドラッグストアで
たまに見かける、「オレは客なんだ、カネ払ってるんだ!」って
そういうエラそうな態度を全開にしている
「自称お客ヅラしたイモ野郎」を見るのが
気持ち悪い。
そんでそのイモ野郎が一方的にバイトさんにイチャモンつけてるのに、
店長がなぜか「謝っている」のを見るのが
気持ち悪い。

マスク付けろよ、って学校の先生に言われたのだろうか?
誰にも会わない田舎道を
チャリンコ・マスク姿で通学してる
ワシのアホ娘(酉年の厨3!全く勉強はしねぇ、んでもって最近は、ワシがどれだけ懇願しても肩を揉んでくれなくなった薄情なヤッベェ奴!)が
気持ち悪い。
何から「感染」するのかちょっとは考えとけ、🐔。
( ´∀` )

国が新型コロナウイルスの流行を管理しているとか
国がウイルス散布(?)とかしていないはずなのに、
国が「今日から規制解除です。」って言ったとたんに
「夜の街」で遊んでいる人が
気持ち悪い。
自分の生き死に関わることすら
国に全部「丸投げ」しちゃってる感じがして
気持ち悪い。
国が安全だよ、って言ったら、
原子炉の冷却プールで
泳ぎそうな怖さを感じて
気持ち悪い。

「働き方改革!」って、国が言ったとたんに
手のひら返すように
「もっと有給使って休んでね♡」って
真顔で言ってくる会社が気持ち悪い。
そう言われて、それまであれほど
「オレは忙しいんだオーラ」出してたヤツが
「特に用事もない」のに
率先して有給使ってるのが
気持ち悪い。

同じく、
国が「女性の社会的地位向上!」って言った途端に
いきなり会社で「女性上司」が増える現象ってのが
気持ち悪い。
それにもかかわらず、なぜかその女性上司が
今まで通りに「お茶くみ」やらされているのを見るのが
切ない。

「住民基本台帳ネットワーク」っていう
「超不良債権化」したシステムの失敗に何も学ばず、
今度は「マイナンバーカード」で
またやらかした、
「掛け声だけ」の政治主導で内容のない、
国のIT戦略とやらのアホさ加減と幼稚さが
気持ち悪い。

また、システム上欠陥だらけで
おまけにユーザにとっては
何の利便性も感じられないから普及していない
マイナンバーカード。
その普及率が低く会計検査院に「無駄使い」を指摘された途端、
総務省関係職員のみならず、
マイナカード関係の政策決定に何の関係もない
地方公務員、はてはその家族にまでマイナカードの取得を半強制させるっていう「やり方」には
もはや常軌を逸した
「狂気」さえ感じて
気持ち悪い。
さらに、その異常なやり方に誰も反論も抵抗することもなく、
「100%の取得率を達成しました!」と得意気に報告している
今の国家公務員、某省庁職員ってのは、一体、なんなんだ?
ナチス党員と精神構造が一緒なんだよ、
役人の「気概」ってのはねぇのかよ、あんたらにはっ!!
「上」に言われたら
喜んで尻尾ふって、
国民のことをヌッコロしそうで
本当に、気持ちが悪い。
とどめに、
ニワトリにはエサをやっとけ、って感覚で、
「マイナポイント」なんていう姑息なプレゼントを考えつくあたりが、
小役人が小役人してる感じがして
もうたまらない。

「社会における多様な働き方」を民間企業に推進していたはずの
国の省庁が、
今回のコロナで
リモートワークの「体制」やら「計画」すら、、
できていなかったことは
恥ずかしくてもう笑えるレベル。
この人たちはいつもそうだ。
民間には厳しく自分たちには甘い。
いつも自分たちだけの「抜け道」を用意しているよ。
ちょっと前の
「障害者雇用率の水増し虚偽報告問題」と
問題の本質が似すぎている感じがして
とても気持ち悪い。吐き気がする。

国家財政は極めてひっ迫しており。。。
とか、ついこの前の消費税10%のときには
アレほど言ってたのに
いきなり国民1人あたりに10万円も「小遣い」くれた
今の政府の「意図」ってのが
不気味すぎで
気持ち悪い。

東京アラートを出す前の感染者数と同程度の感染者数が出はじめているってのに
今回は選挙で忙しいのか、
はたまた
「今は票になる」夜の街関係者やらパチンコ業界関係者に配慮しているのか?
あれほどド派手にやった東京アラートの光が見えない街が
気持ち悪い。
あるいは?
連日やっていたコロナ会見。
あれは、選挙前の「選挙活動」、
ニワトリどもに事前によく顔を見せ、
ご主人様の顔と名前を覚えさせておこうとでも思ったのかなぁ?

国民よりも「国家」を優先する考え方が気持ち悪い。
国民をニワトリみたいに馬鹿にしている政治屋が
とにかく、気落ち悪い。
卵(投票、な)産んだ後に
いきなり「用済み」にされてしまいそうで
気持ち悪い。

ニワトリみたいに何も考えない馬鹿が
気持ち悪い。
いつもワンフレーズでコロッと騙されるニワトリにはなりたくない。
馬鹿を「なぁなぁ」で「放し飼い」にしている社会が
気持ち悪い。

国民の安全よりも支持率に直結する景気を優先する国ってなんだ?
「コロナ不況」って言われているのに株価が高値安定してるのはなんでなんだ?
政府自体が年金財源目的で株式を大量に購入している国ってなんだ?
国民から税金を抜け目なくとろうとにマイナカード普及を進める前に、
まずは国会議員のマイナカードと預貯金の紐づけを100%達成させとけよ、
もうデタラメばっかりで
気持ちが悪いんじゃよっ!

頼むから、誰か教えてくれよ。
レジ袋の有料化がなんで環境保護につながるのか理解できないニワトリに
ホントの馬鹿が誰なのか、
ニワトリヘッドにもわかるように
「みどりのたぬき」こと小池某のように
うまい「ワンフレーズ」でワシに教えてくれっ!🐔

あ、もうダメじゃ!限界じゃ!
揺れてきたんじゃ、
もうだめぽっ!
トラベルミン飲んでちょっと休んでくる。

んじゃまたね!
バイバイ!



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コロナでワシも考えた(その2)

新型コロナ禍の中でメニエール病患者が感じたこと

オッス!オラ、にゃん王!
全国のメニエラーのみなさん!
今日も元気に目ン玉回して
おぇおぇおっー!って、してますかっ!

who is the bad guy ?

ワシかっ?
毎度のことながら・・・
ダメじゃー!
耳がっー!
ワシの、
み・み・ガっー!
ミミガー!
耳がっ!
耳がぁあああ!
あーもう、ガーガー、うるせぇんじゃ、
このヤロッー!
ってくらいにですね、
「耳鳴り」(今はヘンテコな金属音がしちょるわ)と
「耳閉塞感」(コレがつらいのよ・・・)
とどめに
「平衡感覚の異常」(ふらふらする。)
んでもって
気持ち悪い。
最悪です。
もうだめぽっいのかなぁ(ぼそっ)。
いやもう、調子が悪いのなんのって・・・
もうワシはダメかもしれんな・・・
年々、悪化してるよ・・・
職場復帰なんて、今度こそ、もうダメぽ、
もうダメぽ?ホンマ?
ねぇ、ボク、もう、ダメ、ぽ?
ダメぽなの?
んなぁこたぁない
(タモさん、タモリ倶楽部はずっと続けてね♡)
いや、まだワシはあきらめない。
諦めるにはまだ早い。
頑張れ、にゃん王!
負けるな、にゃん王!
みんなのヒーロー、
にゃん、おっー!

(突然にワシの脳内に流れるビリーの歌!)

♪そうだ、ワシはタフガイ!
♪荒っぽいのが好きなヤツ!(?)
♪どこまでも満足できないヤツ!(!)
♪いつも得意気に虚勢を張ってるヤツぅ!(!)

♪「あきえ」はガチでやべぇヤツ!(?)
?「手越ガールにはどうやったら入れるの?」なんて、
?結構、「真顔」で手越本人に尋ねちゃったり?
  (布袋はどうした布袋はっ!)
♪あなた(晋ちゃん)の母親を悲しませる
♪残念なタイプぅ!

m9(^Д^)プギャー

ところでなんで手越くんの飲み会にあっきーがいたのか?
① てごしが誘った説
これはねぇな!誘いませんってね、コンパの「地雷女」ですよ、アレ!
② あっきーが呼んでもないのに勝手に参加した説(有力説)
③ あっきーが誘った説(現在の通説)
多分これ!布袋のときも電話で呼び出したらしいからな。
なんであっきーがそれまで会ったこともない芸能人の電話番号を都合よく毎回、知ってるんじゃろうな?
どうやってあっきーが自分が会いたい芸能人の電話番号を入手したのか?
ま、まさか?
公安経由、とかじゃ、ないよな、(ぼそっ)
権力を私物化してるんじゃ、ないよな(ぼそっ)

( ^ω^)・・・

まぁ、いいや。
フザけてたら具合が悪化してきたよ・・・
(🐔←にわとり頭)
目ン玉回る前にぃ!
今日の議題へレッツゴー!


新型コロナ禍がメニエール病のワシに教えてくれたこと

新型コロナが日本国内で猛威を振るっていたこの4月。
4月に入り耳鳴り、耳閉塞、平衡感覚の異常という
メニエール3点セットがいつになく憎悪し、
やむなく休職。
再び何度目かの「自宅警備員生活」となっていたワシ。
休職後数日間はそれでもまだマシな状態だったのが、
突然、4月中旬辺りからどんどんと状態が悪化し
それからはほぼ毎日のように発作症状がでてしまうという
地獄のメニエール・ステイホーム生活。
そんな時に感じたことを今日は書いてみようと思う。

コロナがワシに教えてくれたこと

新型コロナで多くの人がお亡くなりになりました。
有名、無名に限らず、多くの人が無くなりました。
「適切な医療」を受けていなかったから?
どうやらそうではなさそうです。
新型コロナに感染し、生死の境をさまよった方々で
結果として、生き残った、不幸にして亡くなったかは
今の医療技術、科学水準からは、
もはや「運だった」、としか言いようがない気がします。

もっと早くPCR検査を受けていれば・・・
そういう人も確実にいらっしゃるでしょう。
ご遺族ご関係者には心からお悔み申し上げます。

ですが、同じ時期に感染し、
同じ病院で同じ治療を受けても
助かった人とそうでない人がいた、ということは、
紛れもない残酷な事実なのです。

そんな状況をテレビのニュースなどで
毎日のように見ているうちに、
不謹慎な言い方かもしれませんが、
なぜか「救われた」ような、感覚があったのです。

同じ病気になり、同じ治療を受けても、
結果として少なからぬ人には効果が無いことも、ありうる。


コロナだけでなく、
メニエール病もそうだよなぁ、って。
一般に医学論文等で言われていることは、
「メニエール病患者のうち、8割は投薬や生活指導で完治する。
残りの2割が投薬治療や外科的治療が功を奏しない難治性である」、と。

メニエール」病の「確定診断」。
発症以来、複数の大学病院、専門病院で
そう診断されてきた。
それでもまだ、心のどこかで
「メニエール病になった自分、難治性疾患の自分」を
ワシは完全には、
受け入れることができなっかったんでしょうね。
ありえねぇよ!そんなコトっ!って、ねえ。

それが、不思議と納得できる、受け入れられるようになった。
とりわけ、岡江久美子さんの訃報を聞いたときに
そう思ったんだよね。
同じ病気、同じち治療法を受けても、
何割かの人は、不運でお亡くなりになる。
それが現実。
あんな向日葵のように明るく美しい人がなぜに、、、ってねぇ。

「そうか、ワシはやっぱり、メニエール病なんだ。」
今さらながら、そう思ったんです。

そうか、たまたま、ワシは、治らんかっただけ、なのか・・・
様々な検査もいろんな病院で何度も受けた、
いろんな治療もした、服薬もした、点滴もした、
漢方も飲んだ、
有酸素運動もした
(っていうか発病前から日常的にエアロバイクは毎日してた)、
水も飲んだ、
手術もした。
それでも治らんのは、まぁ、運?
そうか・・・
そうか・・・

ワシは、やっぱり、メニエール病なんだな、
治らんメニエール病ってのは、こういうヤツをいうんだな、
ワシはたまたま運悪く、
そういう治らんヤツの何割かの中に入ってしもうたんじゃな、、、、

それまで心の片隅にあった感情?気持ち?
どうしてワシがメニになってしもうたのか?
どうしてワシは何やっても治らんのか?
いったい、何が、
誰が、悪いのか?
悪いのはワシなのか、他の誰かなのか?
Who is the bad guy ?
心のなかに「わだかまっていたそういう気持ち」ってのが、
すぅーっと、なくなったんです。

今、メニエール病を含め、
治療が困難な病気を患っている人々。
ワシも含め、誰も、何も、悪くない。
病気ってのは、そういうモンなんじゃ。
病気にかかった人の何割かは、
たまたま、何しても治らんことも、ある。
辛いけど、まぁ、しょうがないのじゃな・・・
I 'm just the bad type.Damn it !

そんなことを考えた
ワシのメニエール・ステーホーム生活期間。
ワシのメニエール・アラート」今も継続中。

ところで今日現在(20200627)、
ワシのメニ症状の悪化だけではなく、、
新型コロナウイルスも再流行の兆しが出ているような?
新聞やテレビなどで
「これまでの退院者数」なんて数字がでていますよね。
それをみて少しほっとしたりしますけど、
「退院した全ての人が従来どおりに健康を回復できたわけではない」ということは
もっとマスコミ各社のみなさん、
繰り返し報道すべきだと思いますよ。
「コロナになっても病院行けば治るんだ♪」なんて思ってる人もたくさんいそうですから。
コロナウイルスにより肺機能が不可逆的に破壊され
「退院」はしたものの後遺障害が残っている人もたくさんいらっしゃる。
辛いじゃろうな・・・

どんな病気も、恐ろしいものなんです。
同じ病気になり同じ治療を受けたとしても、

常に何割かの人には
残酷な結末が訪れる。


これがコロナがワシに教えてくれた、
「病気」というモノの
非情かつ無慈悲な真実なのです。

みなさん!
この週末、本当に気を付けてくださいね!

それでは今日はここまで!
またね!
バイバイ!



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

メニエール病の中耳加圧療法に関する個人的な覚書(その2)

メニエール病の中耳加圧療法についての個人メモ(2)
(治療開始後4カ月経過)


にゃん王ちゃんねる♪
(真面目なかたはココ飛ばして読んでオケっ!)

てぃっ!すぅぱぁーメニエール人間の
にゃん王ですぅ!
( ´∀` )
今晩8時からYouTubeで絶賛!
生放送中の!
てごしくんが「手書き」で書いたトップ画面が
なんとも痛々しい、、
「てごしゆーやちゃねる」
(サブタイトル「肉食単細胞動物がろっけんろっ!」、
裕也さん、天国では希林さんと仲良くしてますか?)
みなさん、見てますか?

ワシ、今見てたわ!
コレな、
すげぇよ、
全く、
なんも内容のないことを
もうホンマにペラっペラっペラッ!
(あっ!ワシも・・・🐔)

いや、流石のワシでも1時間は無理じゃ!
いや、いけるか?やってみなけりゃわからん。
まぁ、やらんわ、今のワシにそんな余裕なんて
1分たりともないのですからねっ!
(とか言いながら、
今日も目ン玉回しそうになりながらも
へらっへらっって、アホ書いてるワシ!)

開始から1時間、もう、喋りっぱなし!
そんでもって
なんも「内容」っちゅうモンが全く、ないっていう・・・
ほんまに舌も噛まんとよう喋りますわな、
このアホ兄ちゃん。感心しますわ、
政治家先生と一緒やな。
「内容がないこと」を
平気でペラッペラっとしゃべり続けるのは
政治家と一緒ですね、最近では
「政界のセクシーターザン」こと
「小泉Jr」。コレと同じスタイルなんです。
あっ!
そういや、
「ていっ!」のアホ兄ちゃんも
「ジュニア」とかそういうのがいらっしゃるとこで
育ったんだよね?
ったく!
ジャニさんが天国で泣いてるって!
「チャラ男キャラ」なんかじゃなく
ホンマの
「頭が鳥ガラ🐔とっつあん坊や」だったんですね。

そんでもって、
またどっから引っ張ってきたんじゃろうか?
弁護士さんが、イイんだわな。
どうみてもアレ、
「宮崎パヤオ大先生」やないかーい!
確か御大は引退発現撤回後に
「君たちはどう生きるか?」の
アニメ映画版作ってるハズじゃなかったのですか?

なんなんだよ、もう!

カオス過ぎ、薄っぺらすぎ!
10万人が見てるって?
(追記:最終的には130万視聴ですってよ!)
まぁ、ほとんど
「アンチ」の人なんじゃねぇの?
コメントがすげぇ!
「てぃっ!」のアホ兄ちゃんをぶっ叩いてやろうと
午前中から手ぐすね引いて
待ち構えておったんじゃろうな。
「ねぇ、ちゃんとちゃんかぱーなしてくれよぉ。」ってのが
一番、ツボったわwww
ちゃんちゃんちゃんかぱーな!
ちゃんかぱぁーなぁー!

てぃっ!
ってねぇ!
( ´∀` )
久しぶりにホンマモンの
「でむぱ映像」を見た気がします。

とてもおもしろかったです。

( ^ω^)・・・


↓ ココからマジメなやつぅになりますぅ!
(*´Д`)ハァハァもう目ン玉が回りそうじゃよ・・・


メニエール病治療で用いられる
「中耳加圧器」についてのレビュー

~ 一患者の極めて私的な製品レビュー ~


1 悪い方の耳に軽く差し込むだけ!
  簡単な操作方法が良い


現在、保険適用で患者に貸し出される
「中耳加圧装置」は、
日本の老舗医療機器メーカー
「第一医科株式会社」の
製品名「EFET01」(エフェット)のみと思われる。
にゃん王が病院から借りているのもこれ。

使用方法はいたって簡単。
付属の青色チューブを本体に取り付け、
もう片方の先端をメニエール病に罹患している方の外耳道に軽く押し付ける感じで使用する。
メニエラー(メニエール病患者、な!)なら知っているアメリカの中耳加圧装置「Meniet(メニエット)」が
前回の記事でも触れた「鼓膜内チューブ留置」を
前提とするのに対し、日本のエフェットではそれが
不要なことから「非侵襲性の治療機器」に分類される。

耳に装着する方のチューブ先端は、
粘度の柔らかいシリコン様の材質でできており、
うまく外耳道にフィットにすれば
力を入れずとも「手を添えているだけ」の感覚で
正常に作動する。
(問題点は後述する。)

本体前面にはいくつかの「ボタン」が付いているが、
患者が使用するのは右の上下2つ、
「メニュー」ボタンと「スタート」ボタンだけである。

付属のバッテリーケーブルで家庭用コンセントから
電源供給を行う。
また、背面に電池口があり乾電池を利用することもできるが充電式電池ではなく一般の乾電池である。

本体サイズ、重量ともに、
個人的には全く問題がない。
個人的には、メニエラーが「外出先でコレを使わなければならないシチュエーション」を想像できないので、本体サイズのコンパクト化や軽量化は、さほど患者にとって重要なことではないと思っている。

付属するチャック式の収納ケースはなかなか
どうして、しっかりとした作りになっており、
本体、チューブ、バッテリケーブルの全てが収納でき
かつ、チャック式で密封できるため、
持ち運びに便利であるし、
なによりも猫を飼っているメニエラーとしては
これは非常に助かるんですね、猫はイタズラ好きですから、ってコレはまぁ、どうでもいい話じゃな、てぃ!🐔

《本体サイズ》 
横:約7メチコ × 縦:約5メリスロン
(単位はいずれも外部包装を含む)

おおきさ比較1


《前面(チューブ側)》
病院が第一医科から「レンタル」したうえで
それを患者に「リース」するという方式なのか?
大きくテプラシールで「レンタル品」と貼ってある。

前面2


《背面(バッテリケーブル側)》
バッテリケーブルの差し込み口と
電源の切り替えスイッチ。

背面


2 基本的には「心地よい刺激」が素晴らしく、
 「患部に何かしている」という「安心感」も得られる優れた治療機器

にゃん王は右耳メニなのでこれを朝食後と
寝る前に右耳に装着して使用している。
トリセツ上では、1回あたりの「加圧時間」は3分。
(問題点は後述する。)

右耳にあてると、
「トットットットットットっ♪」とリズミカルな
「圧波」を感じる。
右耳が比較的調子のよい時は
とても気持ちの良い刺激である。
「クセになりそう♡」なほどである。
終了後に、しばらく、「クラっ!」とする状態が続く。
なぜそうなるか、理由は不明。なんでじゃろ?
興味はある。

BPPVを誘発する可能性?

さらに、極めて個人的な使用感としては、
現時点(20200623)のような
「発作明け」の状態やその前の状態、つまり、
右耳の耳鳴り、耳閉塞感が異常に強まってくる
「発作前」の状態で使用すると、
「トットットッ♪」という圧波のリズムの他に
時おり、「グシャ、グシャグシャ、シャー」みたいな音がしてくる。。
「外リンパろう」ってヤツなんでしょうか?
にゃん王の場合、「内リンパ嚢解放術済み」なのでなんとも言えない。
そして、こういう場合には、
利用後しばらくすると、なぜだか、
とても、気持ちが悪くなる
のですよ・・・

この現象についての個人的見解は下記のとおり。、

すなわち、
「メニエール病確実例」患者の場合、
繰り返される内リンパ水腫の破裂によって、内耳蝸牛、半規管、さらには前庭が器質的に極度に脆弱化している状態であると思われる。
この状態で中耳加圧機による加圧振動を繰り返し実施すれば、その衝撃(きわめて微弱な振動ではあるが)により
「前庭」の耳石器から耳石が剥がれ落ちるという可能性があるのではないか、と。

実際、にゃん王も、急激な病状悪化(耳鳴り、耳閉塞感、浮動感の全てが悪化)により休職して2週間ほど経ったころ。
中耳加圧を実施すると上述のような
「グシャクシャ」とか「シャー」という音が気になりはじめ、
さらにその5日後くらいから
今度は頭部の位置変換によって回転性めまいが生じるようになった。
(ちょっとでも頭を動かすとクルクル!)
この症状がでてから自主的に3週間ほど使用しなかった。
というか、
ベッドに完全に「寝たきり状態」で使用できる状態ではなかった。
それから1月ほど経過した今は、ようやくこの症状が治まった感がある。

またこの症状がでるのか?
現在の右耳の状態は「発作明け」からの「発作前」。
耳鳴、耳閉塞と平衡感覚の異常が激しい。
中耳加圧療法とBPPVの可能性について「テスト」するには良いタイミングなのでしばらく経過を観察してみようと思う。


まだまだ「これからの治療法」だとは思うが
にゃん王的「メニエラーへのお薦め度」は5つ星!
★★★★★

エフェットを使用した中耳加圧療法の、
「悪い方の耳に直接的に何かをしている」、
「悪い方の耳に直接的に刺激を与えている」という感覚というものは
悪くないし、
むしろものすごく良いものなのではないか、と感じている。。

にゃん王も含め「メニエラー」ってのは
どんなに症状が辛い時でも
お医者さんで処方されるのが
「効いてるんだか効いてないのかはっきりしない内服薬」や
いいとこ「点滴」しかなく、
正直、もう、そういう服薬や点滴には
「飽き飽き」してると思うんです。

エフェットを使った中耳加圧療法は
本来の治療効果とあわせて、
患者に「悪い方の耳に直接刺激を与えて治療行為を行っている」っていう
「安心感」を与えると考えます。(「お手あて効果」)
このような一種の「自己暗示効果」も、
メニエール治療には
意外と大事なのかもしれません。


何よりも、「圧波による刺激がとにかく気持ちよい」、
これだけで、もう5つ星なのです。

3 問題点と提言

3-1-1
頻繁に「圧漏れエラー停止」!


エフェットは素晴らしいデバイスなのですが、
使ってみるといくつか問題があるように感じます。

まずは、「エラー停止頻回問題」。

耳に差し込む方のシリコン様素材の問題なのか
あるいは本体に接続する方のチューブ側の問題なのか?
「圧波」がリズミカルに噴きだす前に
なんども「圧漏れエラー、停止します」のメッセージが出るときがある。
本来、「3分」で済むはずの1回の治療が
「エラー」からの「リセット」、「再開」、
この繰り返しで全く進まず・・・
気が付けば
10分、15分経過ということが
たびたび、いやもう、
ほんとにしょっちゅうある。


今は病状悪化で会社を休職中ですので、
10分、15分なんていう時間は特に支障がない。受忍できる程度だ。
だが、会社に行っている時には
朝のクッソ忙しい出勤前に
この「エラーループ」が発生し、
そのたびにこのデバイス本体を
ゴミ箱にちっからいっぱい、ぶん投げてやろうかっ!
そう思ったことが何度もある。

(実際にはしない。絶対にしない。ワシはそういうガキじゃない。)

仮に、
この「エラー無限ループ」が加圧機の問題ではないとすると
「人体側の問題」の可能性として下記の2つをあげておく。

① 外耳道の形状が日によって変化している?
② 鼓膜の「透過性」が日によって変化している?

実際、どうなのだろうか。
非常に興味がある。

3-1-2 圧漏れエラーへの提言

中耳加圧療治療法の中核が
「圧波による振動での血流・リンパ液の流れの改善効果(マッサージ効果)」にあるとするならば、
エフェットの「圧漏れセンサー」の「感度」は
もう少し下げても良いのではないか。
多少の「圧漏れ」よりも「振動を継続する」ことが大事なのではないか。

そうではなく、
あくまでも「耳圧を外気まで下げる」のが治療の主目的であるならば
耳挿入口の素材やサイズの改良、
本体裏のチューブ差し込み口への「締め付けソケット」などの導入も検討に値するのではないか?
(こここら漏れてたりはしないのでしょうか?気になります)

※ 中耳加圧療法の理論については前記事参照のこと。


《耳への挿入部分》
より外耳道にぴたりとフィットする素材の検討も必要かも?

挿入口の大きさ


3-2-1 患者の「負担」問題

中耳加圧療法を受ける患者には
次の2つのことが義務付けられる。

① 月1回(正式には4週間に1回)の中耳加圧機持参での通院

② 「めまい手帳」への毎日の記入と月1回の病院への提出

理由は、まぁ、理解できる。

①についてはそもそも中耳加圧器が
「病院がリースまたはレンタルしているもの」であり、
(この点、病院によっては中耳加圧器を購入し、
それを患者にリースしている場合もあると考える。)
その「借主」、場合によっては「所有者」としての立場からは
現物の定期的確認はやはり必要なことだと。

さらに、患者に対する関係では
「医療機器のリース」であることから、
常に正常に動作するか確認する義務もあろう。
仮に月の途中で「故障」で患者が利用できない期間が
あった場合、診療報酬はどのように算定されるのかは
気になるところである。

②についても「治療効果を判断するため」という理由に異論はないが、
毎日、患者に「手書き」で「手帳」に記入させるという
前時代的なやり方はどうかと思う。
手帳自体の記入欄が1か月程度しかないのもおかしい。
効果発現まで短くて4カ月、症状によっては1年なんですよ。
患者がコピーして使うことが前提なのか?

さらに、今のようなやり方では、
せっかく患者が苦労して毎日つけた
「貴重なデータ」だというのに、
「その患者にしか意味のないデータ」になっているのもどうかと思う。

めまい記録は、いってみれば
「患者による主観的な状況報告」に過ぎないが、
より多くの患者の記録を集積することで
「統計学的な意味」での治療の効果検証が可能となるだろう。
今の「手書きメモ」でそれをやるのは
かなり、面倒なことになりそうだ。
大体、「手書きのメモ」ってのがねぇ・・・
てぃっ!の人のYouTubeチャンネルじゃないんだからさ。
( ´∀` )

医療機器の効果検証は
医療機器の承認申請前はもちろんですが、
申請時点ではどうしても「サンプル事例」が少ないですよね。
これは「薬」もそうです。
事例を増やせばそれだけ
リリース前の開発費用や時間もかかるのである程度はしょうがないことだと思います。

だからこそ、私は、医療機器や医薬こそ、
市場へのリリース後にも
実データを追跡収集し、さらにそれを「医療統計学」の手法に基づいて
しっかりと検証する体制が必要だと考えます。
今の時代ではさほど難しいことではないと考えますが、
みなさんはどう考えますか?

3-2-2 患者の負担に関する提言

中耳加圧器利用に伴う患者の「負担」については
下記の検討が必要ではないかと考える。

① 病院を通さない患者と医療機器メーカ間での
  リース契約に関する論点整理。
② 将来的な患者への「販売」に関する論点整理。

また、「めまい記録」については
現在の「手書きメモ帳スタイル」を廃止し、
③ メモリ装置を搭載し、データの出入力が容易となるようデバイスを改良する。
そのうえで、
④ 中耳加圧療器ユーザのすべての記録を集積し医療統計の見地から治療法の検証を行うべき、
だと考える。

《現在の診療報酬》

診療報酬

1800点。
金額では18,000円(月額)ですね。
3割負担で月6千円。
まぁ、
「イソバイド1日3回食後服用」で
「一か月分」の自己負担とさして変わらない。

エフェットの開発に要した費用は
およそ2億円程度だったと
ネット記事で読んだことがあります。
(記憶違いの可能性もあり。)

「確実例」だけでなく、「疑い」段階の患者にも保険適用したらどうなのか?

2億円。
全国の「メニエール病確実例患者」と
「遅発性内リンパ水腫患者確実例」が仮に2千人いたとして
その全員にエフェットが行き渡るととしたら、
1人あたり10万円ですね。
(10万×2千=2億)
「遅発性内リンパ水腫」については正直よくわかりませんが、
メニエール病患者(「疑い」、「確定」も含む」)は
日本にはおよそ4,5万人程度が予想される、という
かなり昔の医療論文を読んだような気がします。

このうち、中耳加圧療法が適用になる
「確実例」かつ「重症」な患者がどれくらいいるのかは
よくわかりませんが、
仮に「メニエール病」と診断された人のうちの
10人に1人だとしたら、
日本では4、5千人ですね。

メニエール病だけでこれだけの適用患者がいたとして、
そのすべてに行き渡ったとしても。
開発費用の他に製造費用やら企業利益なども
当然に見積もらなければならず、
この程度ではまだ「1台10万円程度で患者に販売」ってのは
厳しそうですね。

中耳加圧療法にかかる個人の金銭的コストを下げるために、
いっそのこと、
保険診療の対象者を拡大したらどうか。
具体的には、
「確実例患者」だけでなく、「疑い患者」にまで対象を広げたらどうか・?

私の個人的な感想なのですが、
エフェットは、メニエール病の初期からやった方がいいような気がする。
「確実例」さらにその上の「確定例」にまで症状が進んでしまってから、
何回も何年も発作を起こし
内耳の機能が壊れてしまうその前に、
この治療法を試した方がいいような、
そんな気がします。


診療対象者の範囲を拡大するためには、
エフェットによる治療効果のさらなる検証が不可欠です。
そういう意味からも、
めまい日記のデータ化のためのデバイス改良は、
ぜひともやってほしいと思うのです。


4カ月使ってみて・・・


最後に、「4カ月使ってみて効果はどうなんだ」、と聞かれれば、
4月から悪化し今まさにステイホーム!
ワシは現在、休職中なんで。。。
「察してくれよ、てぃっ!」、って
思うんですけどね。
( ´∀` )

まぁ、まだ4カ月!
しかもワシはこの時期にどういう訳だか
「発作期」になることが多いので、
もっと
長い目で
効果を確認していこうかな、と思っています。

あ、もうこんな時間だ!

今日はコレまで!
休み休み書いたら時間かかってしまったよ・・・
もうダメ、
もうすぐ「グルんぐるんのグル凛子♡」が
ワシんとこにきそうじゃ・・・
全部「ちゃんかぱぁーなぁー!」のせいじゃなっ!
( ´∀` )

それじゃ、またね!

バイバーイ!
ていていてぃっー!






にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

メニエール病の中耳加圧療法に関する個人的な覚書(その1)

メニエール病の中耳加圧治療法(1)
(治療開始後4カ月経過時点)


「オレ的・超☆覚え学き速報!」 
   ↑ どうせまたパクるんだろ?
   もうワシだって徹底してパクってやるぜぇ!

オッス!オラ、にゃん王!
やっぱ梅雨のせいなんでしょうか?
ここ数日、調子がまたまた下降傾向ですので
あまり長くは平衡世界に留まれないのです。
時間が今は1分でも惜しいので、
(じゃあなんで昨日はふざけた記事書いていた!ですか?
そんなの知らねぇよ、ワシの指に聞いてくれ。)

さっそく本日の議題にレッツゴー!

以下、無断転載したら即刻、「死刑」。
コピペもダメに決まってるんだよ!


メニエール病に対する中耳加圧療法の
理論的な位置づけに関する個人メモ


1 メニエール病治療の現在地(20200618)

メニエール病は、内耳蝸牛内に発生する
「内リンパ水腫」の発現に由来する病気であるが、
現在(2020.619)においても
,未だに発症の原因、そしてまた
一人の患者として非常に残念なことではあるが、
エビデンスのある治療法は確立されていない。
そのため、日本国内においても
種々の「仮説に基づいた」治療アプローチ」が
混在した状況にあるといってもよい。

2 「内リンパ水腫軽減」へのアプローチ

現在の日本におけるメニエール病の治療法を
メニエール病の正体である内耳内リンパ水腫を
「どうやって正常に戻すのか」、という観点で考察してみた。
にゃん王的には
下記のようにカテゴライズできるものと考える。

2-1 内リンパ水腫に対する直接的なアプローチ

たとえば、
メニエラー(メニエール病患者、な!)なら
一度は飲んだことがある製品名「イソバイド」。
その特徴でもある
「ヘンテコな味がして飲みにくい」
「クッソまずくて飲み干せない」
という点を、
「ゼリー化してしまう」ということで
改良(改悪との声もある)したとされる
製品名「メニレット」。
この2つはいずれも「イソソルビド」という
「利尿薬剤」であり、
体内の水分を排出することで
内耳の内リンパ水腫の縮減を図るという
狙いで処方されるものと考えられる。

排尿による体外への余分な水分排出という
アプローチとしては、
製品名「ラシックス」(「フロセミド」。利尿薬です。)や
近年増加していると思われる「漢方処方」での
「五苓散」などを挙げることができよう。

また、薬剤治療以外の生活指導面では
かつて主流だった「水分制限療法」。
これも「内リンパ水腫」の「過剰な水分」に対する
アプローチと考える。

外科的治療としては、
にゃん王がかつて受けた
「内リンパ嚢法解放術」は
「内リンパ水腫」に対する
直接的アプローチに他ならないと考える。

さらに、内リンパ水腫が炎症反応によって
引き起こされるものだとして行われる
「ステロイド・パルス療法」も
「内リンパ水腫への直接的アプローチ」として
ここに含めておく。
なお、ワシも入院するたびに「デカドロン」やら
病院によって「デキサート」などの点滴による
ステロイドパルス療法を幾度となく受けた。
入院にはまで至らない時は服薬剤として
製品名「プレドニン」を処方されたこともあった。

2-2  リンパ水腫への間接的なアプローチ

2-1は内リンパ水腫の水分を直接的にターゲットと
した治療であるが、人体の「体液循環」という
より広い観点から内リンパ水の縮減を企図する
アプローチも当然に考えられる。
つまり、
血液やリンパ液等の体内循環を促進させることで
内耳の血流やリンパの流れの改善が期待でき、
流れが改善することで膨張した内リンパ水腫の
縮減も図れるのではないか、というアプローチだ。

メニエラーにとってもお馴染みの、
血管拡張作用がある
製品名「アデホスコーワ」
(アデノシン三リン酸ニナトリウム)
がこのアプローチによる処方の代表であるが、
より「内耳の血流増加」に特化した
製品名「メリスロン」やそのジェネリッである
「ベタヒスチン」
(いずれもベタヒスチンメシル酸塩)
もここに含まれるものと考える。

また、薬剤処方以外の生活習慣指導では、
血流を阻害する喫煙習慣の見直し(禁煙ですね!)
また、にゃん王の極めて個人的な見解としては、
「水分大量摂取療法」(「北里大」一派さま。)
「有酸素運動療法(TMご教祖さま。)
などもここに含めて良いものと考える。

2-3 「内リンパ水腫」には直接関係のない治療(症状緩和等)

メニエール病という病気の正体は
「内リンパ水腫」である。
現時点においてこれに疑義を唱えるものは
医療界においては皆無であろうと思われる。
内リンパ水腫は内耳という骨に囲まれた
耳の奥にあるため、
かつては実際に人体解剖すること以外には
その存在を確かめることができなかった。
(偉大ななるバラニー大先生!)
外部からは確認することができないため、
現在でもメニエラーがメニエールの初期検査として
受けることが多い「グリセロール検査」が
「内リンパ水腫の疑い」を判定する検査として
簡易かつ容易でもあるが、
この検査では「内リンパ水腫の疑い」の域を出ない。
現在は、MRI検査機の高性能化(3テスラ)と
その医療機関への普及が進み、
多くの医療機関で内リンパ水腫の存在が
画像という確実な手段で確認できる時代となった。

ところでメニエール病治療の実際のところでは、
原因である「内リンパ水腫」に直接間接に
関わらない薬剤も処方されるが、
これらはメニエール病(内リンパ水腫)に対する
「直接的な治療」ではなく、
「メニエール病による症状」に対する
「対処。緩和治療」として処方されるものと考える。

たとえば
これも多くのメニエラーにはお馴染みの
メチコバール。
(メコバラミン。ビタミンB12の一種)
これは内リンパ水腫の破裂等による
損傷した内耳神経細胞の修復効果を期待して
処方されるものだろうし、
めまい発作時の「頓服処方」としての
「トラベルミン」(ジフェンヒドラミンサリチル酸塩)は
吐き気や悪心を抑える嘔吐中枢抑制効果を
期待して処方されているものと考える。

また、ベンゾジアゼピン系抗不安薬である
製品名「メイラックス」、「リーゼ」、
「デパス」などもメニエラーによく処方される薬剤だと
感じている。
メニエール病の症状で最もつらいのは
「回転性めまい発作」であるが、
この症状が出ている時の
「とてつもない恐怖感」と
いつこの発作が終わるのか、
そしてまたいつ再開するのか全く分からないという
「いいようのない不安感」というものを
これまで何度も、
もう数えきれないほどに体験してきた者としては、
この薬がどうしても必要な人も確かにいるだろう、と
今ではそう思っている。

3 「中耳加圧療法」の理論構成

これまで述べてきたように
現在のメニエール界の常識では、
メニエール病の正体は
「内耳の内リンパ水腫」にあり、
それを如何にして縮減、正常化させるかが
メニエール病治療の要点となる。

そういったコンテクストの中で、
2017年に薬事承認を受け、
翌2018年に保険適用となった
「中耳加圧療法」とはどのような位置づけにあるのだろうか。
治療理論はどのように構成されているのだろうか。

3-1  結論的には「内リンパ水腫の低減効果」が目的

ネット上の複数の医療論文を読んでみたところ、
結論的には
中耳加圧機を使用した「中耳加圧療法」も
内リンパ水腫の縮減を目的とした治療法として位置づけるのが
適当かと思われる。
現在、中耳加圧機による中耳加圧療法の
保険診療適用対象が、
① 「メニエール病確実例である患者」
② 「遅発性内リンパ水腫確実例である患者」
この2つに限られていることからも
同じことがいえるだろう。

複数の医学論文による中耳加圧治療法の
作用機序をにゃん王的に簡約すると
次のようになる。

加圧機から発せられる圧波による振動が
前庭水管を伝わることによって
内リンパ管の「つまり、ゴミ」(耳石や細胞代謝のゴミ)を取り除き(振動破砕によって流すんだと思うよ)、
その「つまり」を解消することで
それまで外部に漏れ出ていた
内リンパ液の流れが正常化され、
内リンパ水腫が縮減、正常化される、というもの。
ゴムホースに石が詰まったまま水を流すと
石でつまった部分が膨張していずれはホースが破裂。
原因となる石を取り除けば膨張は解消し、
再びホースから水は流れることになる、
こんな感じなんだろうと思う。

3-2  気になる「耳圧説」と「酸素説」

このほかにも、「中耳加圧療法」の理論としては
次のような主張がある。

デジタル洞窟を彷徨い歩いているメニエラーなら
知っていると思うが、
メニエール病のめまい発作に対する治療として
「鼓膜内チューブ留置法」や
「鼓室換気チューブ法」というものがある。

ワシことにゃん王よりも以前の
「古参のメニエールブロガー」の方の記事で
よく見かけた治療法。
最近はまた見直されてきたのだろうか?
にゃん王はしていないのでよくわからない。
ちょっと調べてみたところ、
にゃん王的理解では
次の2つがあるようだ。

3-2-1 耳圧原因説

メニエール病の病態であるリンパ水腫が膨張するのは
内耳、中耳内の「耳圧」が異常に上昇していることが
原因。
内耳や中耳の耳圧がメニ患者は高くなっている
らしく、鼓膜から中耳、又はさらに奥の鼓室にチューブ
を差し込み、中耳圧を外気圧と同程度に減圧する
ことで隣接する内耳の耳圧も下がり、それによって
内耳の内リンパ水腫膨張が解消される、というもの。
なぜに内耳や中耳の圧力が異常に上昇するのかは
まだワシは理解できていない。

「内耳圧の解消」というのは
「内リンパ嚢解放術」の理論の一つだったと思う。
直接内耳に穴を開け、高まった内耳圧を減圧させる。
解放術による内リンパ水腫再発防止の理論の
1つだったと記憶している。内耳を取り囲む骨に
外科的手法で穴を開けることで内耳圧の上昇を
抑える効果が期待される、なんてのを手術まえに
読んだような記憶がある。

今さらながらにそう言われてみれば
なんとなく、具合の悪い時の耳の中って、
「圧力」が上がってるような気もする。
具合の悪いとき。ワシなんか今まさにそう。
そんな気がするよ。
気がするだけで圧力を実際に計測していないので
何とも言えない。
どうなんだろう?興味はあるよ。
しかしどうやって計測するんだろうね。
そこも、非常に興味がある。

3-2-2 酸素効果説

鼓膜または鼓室内にチューブを差し込み
通気をよくすることで
中耳に通常時よりも多くの酸素が取り込まれる。
中耳の酸素量も多くなると隣接する内耳内の
酸素量も増加し、それにより内耳の障害が軽減する。
(どういう理論かはちょっとワシには手に負えない。
読んでもわからん。どういう理論なんだろうな?
そんでもってこの説だと
リンパ水腫はどういう位置づけなんだろうか?)

ここまでをまとめると次のようになる。

中耳加圧療法における
「耳圧力説」と「酸素説」とは、
メニエール病に対する中耳加圧療法は、
メニエール病に対する
「鼓膜換気チューブ留置術」や
「鼓室チューブ留置術」と
同様の効果(内耳内の減圧又は酸素濃度上昇)
が期待できると主張する説である。

※ 「鼓膜換気チューブ留置術」や
「鼓室チューブ留置術」は
一般敵意は中耳炎や滲出性中耳炎に対する治療法だそうだ。

4 現時点でのまとめ

中耳加圧器の使用によって行われる
中耳加圧療法によって
以下の3つの効果があると考えられる。

① 圧波によるこきざみな振動により
内耳水管リンパ管の流れを阻害するゴミ(デブリ)を
押し流し、滞った流れを正常化させることによって
一か所に溜り膨張した内リンパ水腫を縮減させる。

② 圧波によって外耳道を通じて
中耳へと圧力を送ることにより
高まっていると推測される中耳及び
内耳の「耳圧」を外気圧と同程度にまで
減圧させることで、同部位のリンパ管に
かかっていた圧力を開放することで
一か所に滞っていたリンパ液の流れを
正常化させることで内リンパ水腫を縮減させる。

③ 圧波によって外気を中耳、内耳へと送り、
内耳内の酸素濃度を高めることで
ほんとに今んとこワシは理解できないんだけど、
内耳の機能を正常化させる。

次回、
個人的な覚書(その2)へ続く。



マジメになったら、
マジメになったらさぁ!
ワシの「正直な身体」がっ、
ワシの「正直なおからださま」がさぁっー!
(正確に言うと、「指」、コイツ、な。)

何かを叫びたがっているんだっー!

メニエール美術館

作品№8
題名:「無能なるものたちのダンス
 ~日本版「メヌ(二)エット」の調べと伴に~」

   
無能ものの戯れ

そんでもって
【今日の豆知識】

「メニレット」は、
イソバイド味の「めんこちゃんゼリー」

「メニエット」は
北欧生まれアメリカ育ちの「中耳加圧機」
(これは鼓膜チューブ留置が必要。)

「メヌエット」は
みんな知ってるバッハ先生のト長調。

単語は似てるけど全く違うものなんで
間違えないようにね!

次回の「メニエール病:なってみたら地獄だった話」は、
「四カ月間経過後の個人的感想」をお送りします。

そんじゃ、またね!
バイバーイ!



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

高嶺のメ二子さん(でむぱ注意)

具合の悪い中、なぜか
どうしても音楽の話をしたかった
可哀そうな「でむぱ男」の話。


ピンポンパンポーン♪
(映画館に鳴り響くチャイムの音)

(アナウンスの声)
「本日公開予定だった
「メニエール病なってみたら地獄だった話:
にゃん王さまのゲロゲロキョンシー百裂拳!」は
主演のにゃん王様の急な体調不良により
延期とさせていただきます。
なお、主演のにゃん王様の強い意向によりまして
チケットの払い戻しは不可、
これより演目を変更いたしましての
上映となりますのでご了承ください。
途中、強い「でむぱ表現」がございますので、
18歳未満の方、
「でむぱ耐性」「でむぱ免疫」のない方につきましては
ご退場いただきますようお願いいたします。」

ピンポンパーンポーン♪

ざぁーざぁーざぁー
(あなたの頭に流れこ込んでくる「でむぱっ」の音)


でむぱアラート発令中!

さぁ!引き返すなら今のうちだぜぇ!
学生のみんなは無駄な時間を過ごす前に引き返して
お勉強しといた方がいいぜぇ!!

花王:愛の劇場

「リンコとイロオトコの3,000日戦争」

オッス!オラ、にゃん王!
全国のメニエラー(メニエール病患者、な!)のみんな!
今日も元気に目ン玉グルんグルん、させてますかっ!
ワシかっ!
オウッ!
もうダメぽ・・・( ´∀` )
耳詰まり感と耳鳴りでぶっ倒れそうじゃ・・・

昨晩、9時すぎにベッドで早めに休んでおったら
久しぶりに天井が右回転してきたんですわ・・・

そんでもって、今。
なんとなくですが・・・
もう、ワシの家のすぐ近くまで、
昨晩も来たばかりなのに
まだお昼だっていうのに(?)
もう我慢しきれずに(?)
ワシに会いに来てるような気がするんですよ、

誰が、ですか?

出会った人によっては
「ドルチェ&ガッバーナの匂いがした」とかしないとか?
(瑛人!売れてよかったな!)

年齢。
そこは安心安全のハタチ以上!
(ワシは炉理じゃねぇぞっ!)

見た目。
色白にしてお目めパッチリ前髪パッツン!
なんとなく
広瀬すず?弘中綾香?山之内すず?
(ワシはもう「節操」っちゅうモンがねぇな、コレ!
全然タイプが違う気がするよな?
誰でもいいんじゃねぇのかもう?)

その美貌を生かし、
現在は中高年の必読書
「月刊壮快」(老舗のマキノ出版!)
専属読者モデルになってるとかいないとか?

かつてメニエール病の回転性めまい発作の波状攻撃で
もうワシの精神が崩壊直後、じゃねぇ、それじゃもうアウト!
精神崩壊の寸前に繰り出した
にゃん王家に伝わる絶対禁忌の秘術
「とある魔術のデムパ砲!」によって
「ここではないどこか」の世界から華麗に召喚!
メニエール病の化身にして悪魔的美少女!
(ハタチは超えてますよ。
ワシ昨晩こっそり免許証で確認しときましたから。)
(  ゚,_ゝ゚)ブブッ、バカジャネーノ

そうっ!

ぐるんグルんの、
グル凛子(りんこ)!

実は昨晩お会いしたばかりなのですが
もうきちゃいそうな気がするんですよっ!

もうちょっと間隔っていうか間をおいてから会いたい、
いや、できればもう会いたくない。
キミと僕との間にはもうちょっと「時間」ってモンが
必要なんじゃないかなって、
本気でそう、思うんだよ、凛子・・・

(場面がいきなり変わって
なぜか湾岸道路を
ツーシーターのコンバーチブルで
ドライブしているイロオトコと凛子)


運転席のイロオトコ
「・・・・・・・・」

助手席の凛子
「・・・・・・・」

イロオトコの心の声
(今日こそ、コイツに言わなきゃ、
オレたち、もう別れようって。
二度と会わないようにしよう、って。
我がままなで自分勝手なコイツに一方的にいい寄られ
ずるずる内リンパ腫らして
もう9年だよっ!
目ン玉回してもう9年だよっ!
もういやじゃ!じゃなくって、
もう嫌なんだよ、オレ!ビシッ!
そう、ビシッ!って、
今日こそはっきり言う!)

「なぁ、凛子!」
(右耳が悪いクセに左ハンドル車、
それもオープンカーを運転しながら
右助手席に座る凛子に話しかけるでむぱ、いや、
イロオトコ!)
「あのさ。。。
え、音楽?
「音楽聞いてももいいですか」って?
家からスマホで持ってきた曲がある?
ああ、いいよ、
せっかくだから、Bluetoothでつないで一緒に聞こうぜ!」

(なぜか凛子の声が脳内で聞こえているイロオトコ!)

そそっー
(凛子がスマホとカーオーディオを操作する音)

♪♪♪
曲: milet(ミレイ)  "us"
「♪好きだと言ってしまぁーえばーなぁにぃーかが変わるかな♪」
ばしっ!!
(凛子の華奢で白く細い腕からのびるすらりとしたきゃわいいお手て(w)から
イロオトコがスマホを叩き落とす音)
イロオトコ
「あ、ごめんごめん、手が滑っちゃって!」
(これから「別れ話」しようっちゅう時になんちゅう歌かけるんじゃ!)

ちょっとびっくりした広瀬すず顔、
明星ちゃるめにゃ♡な顔で
イロオトコを見つめる凛子。
その大きくうるんだような瞳と目が合った瞬間、、
イロオトコの内耳ライスネル膜(?)が
びくっ!びくくくくくっ!って
前庭はおろか、
もう蝸牛ごと
パッツンパッツン!
腫らしてしまったことはココだけの話。

🐔

シート下に落ちたスマホを拾い、
次の曲をかける凛子。

♪♪♪
曲:西野カナ ”Darling”
「♪あーなんでぇ―すきいーになっちゃたのかな♪」
ばしっぃ-ん!
(イロオトコが再度スマホを凛子の手から叩き落とす音!)
オマイ、かなり、変わりモンなのねぇー、っていうか、
この世のモンじゃねぇからな。

イロオトコ
「あースマン!凛子!今日はワシ、じゃなくって
オレ、女性ボーカルの声がちょっとダメなんだよ、
メニ発作の後って低音もそうだけど高音はちょっともうダメ。
男性ボーカルはないの?」


笑顔で再度、シートの下に落ちたスマホを取り
操作する凛子。

♪♪♪
曲:backnumber "高嶺の花子さん”
「♪会いたいんだいますぐその角かぁらぁとびだしてきてくれないかぁ♪」

きっぃー!ガッシャーん!

腫れがった内耳ライスネル膜が
膨張限界で破裂し、
内リンパ液が前庭付近にまで飛び散り、、
ナトリウムイオンとカリウムイオンが激しくスパーク!
それによって生じためまいで
とっさに急ブレーキを踏んだイロオトコ!

さらにその衝撃で凛子の手から滑り落ちたスマホが
フロントガラスを直撃!

その凛子のスマホを拾い、
ユーチューブを操作し再度Bluetoothで
オーディオ接続したワシ。
朦朧とする回転性めまい症状の中で
もう薄れていきそうな意識の中で
それはもう必死で
凛子へメッセージを伝えようとしたワシ。

あ、ワシ、じゃねぇ、
イロオトコ、な!

♪♪♪
曲:official髭男dism ”Pretender"
「♪ぐっばい!キミの運命のヒトはぼくじゃない♪」
あ、!
「♪たったひとつたしかなことがあるとするならば♪きみは」

ブチッ!
とっさに放った「脳内でむぱっ?」を
Bluetoothっていう電波?にぶつけて
音楽再生を阻止したワシ!

もはやゲゲゲの鬼太郎並みの「デムパ技」をもっているワシ!
(おい鬼太郎!今度ワシと、
体内電気と脳内でんぱって、どっちが強いか勝負しようぜ!)

音楽の止まった車内で
凛子がスマホを操作する音。

ワシのスマホに凛子からの着信。
つい最近、着信設定した曲が流れる!

♪♪♪
「♪すきぃーだと言ってしまーえばぁ なぁにぃーかがっ変わるかぁなっ♡♪
(ミレイが今一番のお気に入りなワシ。
歌声が素晴らしい。
ルックスもパネェよなっ!超かわいいよなぁ!
って、まぁ今日はこのことだけ、このことだけを、
言いたかったワシ!)


んじゃもうしょがねぇっ!
(何がどう「もうしょうがねぇ」のかは正直ワシにもわからん。)

駆け出すワシ!
(どこへって・・・「あっちの世界」じゃろうな。)

BGM、スタート!
♪♪♪
曲:official髭男dism ”I LOVE.....”
「たぁかまるあーいのなかっ♪変わるしんじょっのなかぁー♪」

ちょまてよ、りんこっ!

(なぜかキムタク?)

♪♪♪
「ふつうのことだとー♪とーぼけるきみぃに言いかけたっー♪」

凛子がワシに向かって背筋を伸ばして姿勢よく

はいっ!
(なぜか鈴木京香?)

内耳宮殿の「前庭」で
人目をはばからずがっちりとハグする二人!


好きじゃっー!
(ワシはもうダメじゃー!)

♪♪♪
「あいらーぶ♪そのつづっきを贈らせてぇー♪」

グランメゾン・メニエール(完)

・・・・・・

なんだ、コレ?
ワシは一体、いい年して何を書いてるんじゃろ?

まぁ、いいや!
(あっさり。顔もあっさり和風なワシ!)

これも全部、
♪メニのせいだって言ってしまえば♪
何かが変わるのかな♪
イソなんてマジで効かないから♪ 
どうにかしてよ♪
( ´∀` )

んじゃ今夜も「高嶺のメニ子さん」と一緒に
回る世界で脳内フェス!
逝ってきまぁース!

次回はマジメにやるつもりデス!

んじゃね!
バイバーイ!



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

病人の「心がまえ」、とか。

病人の「心がまえ」、とか。

オッス!オラ、にゃん王!
本題に入る前に
まずは現在の病状を記録しておこうかと。

「オレ的現時点での病状メモ」
(「オレ的」には以前に文書をマルパクリされたことがあったからな!
たはっ!ワシもパクっとぱくってやるぜぇ!!)

その1 症状のパターン

① 「蝸牛(かぎゅう)症状」
   耳の閉塞感(耳が詰まった感じ)と耳鳴りが強まってくる。
   自律神経症状(なんかイライラしてくる。)
② めまい感と悪心
   平衡感覚の異常(歩行が覚束なくなる。フラフラしだしてくる。)
   自律神経症状(吐き気がしてくる、顔が熱くなってきたり、冷や汗がでてくる)
③  回転性のめまい
   視界が回転しだす。とても立ってられない。
   体なんてとても動かすことができない。
   猛烈な吐き気、そして実際に吐きまくる。

①→②→③、このパターンですね。
4月後半からほぼ毎日、
①→②の状態までには、確実に逝っちゃって、じゃねぇ!不吉じゃ!
イッチャッテます、まぁ、いいか、カタカナで・・・

全国のメニエラー(メニエール病患者、な!)のみんなも
概ねこのパターンなんじゃないかな?
なので、
メニエラーってのは
自分で「もうすぐやべぇ状態になる!」ことが
ある程度は
事前に察知できていることと思います。

①や②を飛び越えて、
いきなり③、とかにはなりません。
いきなり③、もしそういう症状が続くとしたならば
メニ以外の別な病気の可能性を疑った方が良いと
私は思います。

その2 ヤッベェときの対処法

今は自宅療養中なので
②の状態になったら直ちに
処方された「トラベルミン」(ジフェンヒドラミンサリチル酸塩剤)を飲んで
ベッドで寝てしまいます。
こうすることで③にまで行かずに済むことが多いような気がします。
職場復帰中は
①の段階でトラベルミンを服用し、
②の段階まで来たら時間で有給を使わせてもらったり、
会社の病気休暇制度で早退させてもらったりしていました。

ここでせっかくだからちょっと脱線して・・・
(メニエラーが知ってくおべきマル得情報!:おくすり編)
「トラベルミンはめまいの治療薬ではありません。」

トラベルミンを飲むっていうのは
「治療」というよりは完全に
「対処療法」としてなんですね。
「内耳性のめまい治療」として
「直接的にめまいに効果がある」として処方されるものは、
製品名「メリスロン」(ベタヒスチンメシル酸塩剤)
製品名「セファドール」(ジフェニドール塩酸塩剤)
の2つが代表格だと思われます。
私自身もメリスロンはもうずっと、
セファドールは時たま、
近隣の耳鼻科先生のとこで処方していただき服薬しています。
効果ですか?
今のワシの状態から察してくれって。
( ´∀` )

これに対してトラベルミン(ジフェンヒドラミンサリチル酸塩剤)は
脳幹の「嘔吐中枢」の反応を緩やかにする
抗ヒスタミン剤なんですね。
簡単に言えば
「内耳由来の気持ち悪い信号を、
それをキャッチする脳幹嘔吐中枢を
一時的にぼけぇーとさせて
信号を曖昧にしてしまう」、
そういうお薬ですね。
ですから、
トラベルミンをたとえ毎日飲んだとしても、
メニエール病のような「内耳性疾患」が
「治癒する」ということはありえません。
メニエラーのみなさんには、
ここのところはしっかりと、
誤解しないでいただきたいです。

「症状緩和」という意味では
ワシには良く効いている感があります。

ところで
耳鼻科の先生は何故か
「ベンゾジアゼピン系」の向精神薬である
商品名デパス、リーゼ、メイラックスなどを
めまいやら耳鳴り患者に好んで処方する傾向が
あるように感じます。
今はどうなんだろうね?
流石に漫然と「はい、2か月分です。」とかは
もうやってないですよね?
みなさんは処方されちゃったりしてますか?

その3 1日のうちで活動できる時間も伸びてきた!

5月中は完全にベッドで寝たきりでした。
せいぜいできることと言えば、
①にまだなっていない時に自宅の掃除機をかけたり
洗濯をしてみたり。
そういうことをしてみて、
「あれ?今日って結構、調子いいんじゃねぇ?」
なんて、すごく嬉しくなったりするんですよ。、
その後に①→②、悪けりゃ③。
ベッドに逆戻り・・・

今はちょっとは回復傾向なのか?
今日は①の症状もまだでていないときに
一人で近所のスーパーに行けた!
自宅出てから帰宅するまで15分程度ですけどね。。。
さすがにワン公連れて散歩に行くってのは
もうちょっと先だなぁ。。。

にゃん王が考える
病人にとって大事なこと


「寝たきり」だけが「病人」ではない

今の私のように、
メニエール病患者は、
たとえ「発作期」であろうとも、
メニエールの症状が出ていないときには
健康な人が普通にできることを
やろうと思えばできます。
「メニエール病患者はずっと自宅で動けない」というのは
メニエール病に対する間違ったイメージですね。

メニエール病患者は
運動機能に障害があるわけではありません。
あくまでも
内耳の病気なわけですから
メニエール病の程度によっては
野球やサッカーだってすることができると思います。
ただし、
発作を起こしているときでなければ


残念ながら病気が進行してしまって
内耳の機能が壊れてしまい、
平衡機能やら聴覚にまで
恒常的に障害が出てくる段階になると
日常生活でも
運動機能、身体機能という面で
無理なこと、できないことが増えてきます。
ですが、
たとえこの状態になったとしても、
普通に買い物したり、
自分で病院に行けたり、
杖をつき散歩したりすることも
できます。
発作を起こしていないときには。

健康な人が持つ「病気の人」のイメージってのは、
いわゆる「常時寝たきり状態」なんだと思います。


メニエール病は、そういう、病気ではない。
発作の前後は確かに寝たきり、というか
それしかできないのですが、
病状が落ち着いている時は
難聴でも平衡機能がアヤシクなってても
いろいろと活動することができます。

ただ、発作期では、
とにかくもう、毎日のように
さきほどの①→②、最悪の場合は③になってしまうので、
ちょっと、
「普通の生活」をするのはむずかしいですけどね。
特に③まで行ってしまった後は
③が治まった後も数日間は
完全に寝たきり状態になってしまいますが、
①→②が毎日起きている今の状態では
その日によって長短はありますし、
長くても1時間?程度もあるかどうかですが、
「動ける時間」っていうのは確実にあります。


汝世間の無理解に
惑わされることなかれ


「メニエール病」 = 「怠け病」
「メニエール病」 = 「えせメンヘラ」
「メニエール病」 = 「ああ、俺も昔なったけど、すぐ直ったわ」
「メニエール病」 = 「全然、大したことのない病気なんだよね?」
なんて、
いまだに誤解している人も世間には多く、
こういった「世間さまの目」に悩まされている
メニエラーの方もいらっしゃるとは思いますが
私は、そういう誤解は
この病気自体の症状などから
しょうがないことだと思います。
内耳がどうなってるかなんて、
外から見えませんからね。

そして何より、
どんな病気も
自分がなってみなければ
その辛さというのは
絶対に、わからない。


私が思うに
病気の人にとって大事なことは、
他人や周囲の雑音に惑わされることなく、

1 「自分らしく生きること」
2 「強く生きること」

そしてなによりも、
3 「楽しく、生きること」、
この3つだと思います。

世間がどう思おうが、そんなのどうもいいことなんですよ。
世間があなたの病気を治してくれるワケじゃありませんから。
どんなに病状がつらくても、
絶対に自分の人生をあきらめてはなりません。
1日1日、何か楽しいことを見つけていきましょう。
「晩御飯のハンバーグが美味しかった」でも、
「今日の点滴は
なんだかいつもより
マイルドな感じがした」、でもいいんです。

「楽しいこと」ってのは
見つけなければ見つかりません。
そのかわりに、見つけようと思えば
いくらでも見つけられるのではないでしょうか?

私は、こんな感じで
今日も楽しく過ごしています。
今日という日の残りの数時間も
たくさん楽しんで過ごそうと思っています。
みなさんは今日という日を
いかがお過ごしですか?

それじゃ、またね!
バイバイ!





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

こんな医者は嫌だ!part3

こんな医者はイヤだ!
にゃん王が遭遇した
モンスター・ドクター列伝!
Part3


オッス!オラ、南欧!じゃねぇって、
タカトシかよっ!
オラ、にゃん王!、コレ、な!

梅雨真っ盛りですけど
全国のメニエラー(メニエール病患者、な!)のみなさん、
調子はいかがですか?
ワシかっー??
もうダメぽ・・・
ボウェ! ヒヤアセダラダラ・・・orz

そんなワケでありまして、
本日は予定を変更しまして
久しぶりのシリーズ、
通称MDsC
(「モンスター・ドクターズ・コレクション」、な!)
をお送りしたいと思います。

にゃん王が遭遇した!
二度と会いたくないドアホ医者列伝


カルテ№3 

キング・オブ・老害!
オマイがまず老人性痴呆症の検査を受けたらどうなんだ?
某有名脳神経外科病院のイモ野郎!

衝撃度 ★★★☆☆(にゃん王が受けた心理的な衝撃度)
迷惑度 ★★★★☆(にゃん王が受けた被害の大きさ)
破壊度 ★★★★★(医師として以前に人間としてぶっ壊れている度数の高さ)
遭遇年 2019年10月某日
生息地 某脳神経外科の大病院。
性 別  ♂(ずんぐりむっくりのドワーフ系クッソジジイ)
特記事項 医師の定年制導入についてワシに考えさせてくれた。


昨年の10月。
内リンパ嚢解放術を実施済みの右耳周辺、
っていうかもう耳の奥から痛みが出はじめ、
それが右後頭部、右側頭部にも広がり、
あ、コレ、もう、ヤッベェヤツなんじゃねぇのかな、
ボクもそろそろ、
お星さまになる時が来ちゃったのかな、てへっ、
なんて、そんな余裕は全くあるワケもなく、
こういう時に常時受診してる大学病院ってのは
予約してる日にち以外に行っても
全然、対応してくれないのは既に経験済みなので
(ワシの場合、診てもらってる教授さまが病院にいるのは決まった曜日だけなんです)
自宅近くの親切な耳鼻科開業医さんのトコに行った。
※ この文書は先頭の4行と最終行だけで伝わる文章です。
  お急ぎの方は4行目まで、その後最終行だけをお読みくださいませ。
 って、存分に読ませてからコレはないよな!


親切な開業医さんに診てもらったところ・・・
目視できる限り鼓膜やら外耳道に異常はないが
ワシの場合、手術済みってコトもあるので、
念のためMRI検査を受けた方がいいのでは?
ってことになり、
親切な開業医先生がいろんなトコに連絡とって
一番早い日程でMRI検査ができる病院を探してくれた。
それが、結構大きな脳神経外科専門病院。
病床数200弱と思われる、まぁデカい病院。

昨年の10月。
そこへ紹介状を片手に颯爽と
世間知らずでウブなボク、青春真っ盛り、
メニ盛りなボクちゃんが行ったワケなんですね。
あ、こういう無駄な文書はやめてやほうがいい、ですか?
オマイみたいな「こわっぱクッソ坊主」に言われずとも
ワシだってそれくらいわかってるって!
ただなぁ、ボウズ!!
ワシの「指」がなぁ!
ワシの言うコトなんて聴いてくれねぇんだよ!
そういう病気なんだよ、メニエール病ってのはっ!
(嘘です。これは嘘です。信じちゃダメだめ♡)
わかったかっ!このクッソ坊主!
(どこかの誰かとバトルしているヤッベェやつ!)

まぁ、いいや。
ここからは簡潔に書いてみるよ!
ボクだって、ボクだって!
やればできるんだっー!

ガンダムはボクが一番上手に操れるんだっ!
(ボク、病気なんで。気にしないでください。)

・ 午前8時。指定された脳神経外科病院にタクシーで向かう。
・ 受付後、すぐに血液、血圧、あとなぜか尿検査。
・ その後にMRI検査。なんでも最新鋭の3.0テスラだそうで。
・ 8時半に到着後、MR終わったのが11時半頃。
・ 13時から診察なのでそれまでに戻ってくるように言われ
・ 耳閉塞感が強くなり、ヤバいと思ったので
・ タクシーでいったん帰宅。帰宅と同時にトラベルミン。
・ トラベルミン飲んだからなのか眠くなり寝てしまう。
・ 再びタクシーで病院へ。受付済ませてしてされた診察室の前で待つ。
・・・あとは面倒なので診察室に行くまで途中省略。
 あ、 コレ!これいいな!

( ^ω^)・・・

診察室から激おこジェントルマン登場!

(病院の診察室前通路にて)
そんで、だ。
診察室の前で待ってたんですわ。
通路に設置してあるの長いすにはワシの他に2組くらい。
自宅からもってきた
「銃・病原菌・鉄」を読み始めて5分ほど。

なんだか、診察室の中から大きな声がしたんです。
何言ってるかはちょっと聞き取れない。
右耳がメニのせいで感音難聴(今は大体70dbくらいです)なので。
でも?
これって?
おっさんが怒鳴ってる声なんじゃね?
なんとなくそんな気がしたら
いきなり診察室の扉が開き、
まずは車いすに乗ったかなりご高齢のおばあちゃん。
その後ろにおばあちゃんの付き添いと思われる
50代後半?60代なのか?
ジジイと呼ぶべきかオッサンと呼ぶべきなのか?
ちょっと「微妙なお年頃」のジェントルマンが
その車椅子を押しながら、
「バカ病院だ、こんなとこっ!
あのクッソ医者のヤロッ!」

なんて
絵に描いたようなジェントルマン的お言葉を
これでもかっー!ってくらい
バカでかい声で仰られた訳なんですよ。
ガキんちょの運動会の応援合戦レベルですね。
室内、しかも病院の待合通路でそんな声出すなっつうの!
とどめに、ジェントルマン、待合室の扉、
ぶっ壊れるくらいの勢いで
がっしゃーん!って、締めていきなさったのですね。
ワシ、耳、キーンっ!てなったよ。

その後を追うように診察室の中から
40代後半なのかもう50代なのか?
いずれにせよ
一見してワシの好みではないんで
どうでもいいオバちゃーん看護師さんが
「〇〇〇さんっ!○○〇さんっ!ちょっと待ってください!」
って、追いかけていくんです。
何だ、ココ?
これが?
これが脳神経外科ってヤツの
底力ってヤツぅ?

この時点で、なんか、もっすごい、
イヤーな予感がしたんですよ。
知的に洗練されたワシの中にも眠る
「野生の勘」ってヤツですか、それがもう、
「ここはヤッベェ!ここにいてはヤッベェぞ!
ヤッベェことになるぞっ!
早く逃げろ!逃げろって!
今すぐゲッたうえぇいぃ!
」って、
サンシャイン池崎みたいな絶叫調で
空前絶後なアラート発してきたんです。
ワシの脳内でぇっー!
サンシャイン池崎がぁっー!
オイ、ワシっ!
ここから立ち去れぇっー!
ヤッベェぞ、ここにいたらぁあああ!!!って、ねぇ。
まぁ、
こういうことはワシの脳内では日常的なことなので
軽く無視しました。
(  ゚,_ゝ゚)ブブッ、バカジャネーノ


徹頭徹尾に横柄度Max!
ここはホグワーツ?
魔法の杖もつドワーフ系イモ野郎!

車いすのご婦人とジェントルマンの二人組の次に
これも一見して完全に
ワシの「ストライクゾーン」(?)からは
遥か彼方の遠い地平にいらっしゃる
オバちゃーんが呼ばれ、
このオバちゃーんはすぐに退出。
定期通院で処方箋でも貰いに来たのかな?

その次にワシが呼ばれた。
診察室内には・・・
仲間由紀恵タソ
(祝「ごくせん」再放送!美人だよなぁ!萌え萌えルンルン♡)とは
到底、
同じ哺乳類とは思えない
おっさん?爺さん?
見た感じもう70代も後半かな?
ヘタすりゃ80代かな?
やたらと恰幅のいい
ファンタジー系ゲーム内の「種族」では絶対に
「ドワーフ」、
コレ一択な感じのクッソジジイが
イッチョ前に白衣なんか着て
なんか偉そうな感じでいらっしゃたのです。
あ?ワシはゲーム内の「種族」ではどんな感じか、ですか?
「神族」。
ゲームの種類によっては「バーディアン」と表記されることも多い。
まぁいいや、先に進む。

ワシが着席するやいなやいきなり
ちっちぇぇ声で何かぼぞぼそ言ってるドワーフ爺さん。
やはりドワーフなぞという下等な生き物の言語は
「神族」であるワシにはようわからんわ。
ま、難聴なんで、な。
もう少し大きい声で話してくれって。
そんでまぁ、
このままドワーフ爺が詠唱している
意味不明の「いにしえの伝承歌」を聞いてるのも
流石に苦痛なので、
このイモ野郎(?)にでも理解できるよう
かつてワシが苦難の末に修得した「古ドワーフ語」(?)で
「あ、すいません。耳が悪いもので、もう少し大きい声でお願いできますか?」
って、話しかけてみたのです。
生まれも育ちも本物のジェントルマンであるこのワシが
美声を競う春の小鳥たちもその声を聴くと
思わず恥じらい顔を赤らめ隠れてしまうと噂される
超絶美声で
あたかも優雅なメロディを奏でるかのように
話しかけたのです♪
※ 下から6行は不要な文書です。あ、全部だな!全部不要だよ!

特徴その1 基本的に因業ジジイである。

そしたらまぁ!
いきなりドワーフ野郎、、
「血圧!血液!尿!アンタ、異常なしっ!」
って、
キッショイながらもでっけぇ声で叫ぶわけですよ、
それもコッチを見ないでなんか机の上の
テメェしか見えないディスプレイに向かってね。
もうこっちも、ビくっ!ってなりますよねぇ!

そんでもって、
「でもねぇ!アンタねぇ!
右の耳の奥がねぇ!
炎症起こしてるよっ!
コレじゃ痛いに決まってるっ!」
って、大声でしゃべり続けるんです、
こっちなんか見ずにMRIの画像が写っているのであろう
ディスプレイを耳かきみたいなヘンテコな竹製なんだか
ようもわからん異常に短くちっこい棒きれで
ぺしぺし叩きながら。
なんだ、そのちっこい棒?
「妖精のステッキ」、魔法の杖かな?
このイモ野郎、ドワーフ族のクセに魔法が使えるのか?
なんてその時のワシが思ったかどうかはどうでもいい。
ホンマに、どうでもいい。

「アンタさ!!どっかで中耳炎とか、耳の手術したっ?」
ってイモ野郎が仰るので
「○○〇病院で内リンパ嚢解放術を受けました」
って答えたんです。
そしたら、イモ野郎、
「んじゃ、異常なしっ!終わり!次の人!」って、
本当に一度もこっち見ないで仰るわけなんですね、
いやちょっと待ってくれって。
炎症起こしてるんだろう?
せめて痛み止めとか、なんか処方とかないのかよっ?

以前にも手術後、別な病院で3.0テスラMRI受けたら
たしか、「右蜂巣骨周辺の炎症症状」って診断されたことがあったような?
過去記事に画像付きで載せてあったと思う。

特徴その2 キレやすい。

しょうがないのでもう一回、
流暢な「古ドワーフ語」で、
「あの、痛み止めとかいただけますか?」
って、お尋ね申し上げたらですね、
何故か急に今度は怒りだしたんですよ、
「そんなの、耳鼻科に聞けっ!」って。酷いですよね。
そんでもって、
「耳の手術したなんて大事なことは最初にいってくれないと
こっちだって困るんだっ!」
ですってよ、
やっぱドワーフとは話になんねぇんだわ。
問診表に書いてるだろ?
オマイが見てねぇだけじゃ、この耄碌イモじじい!

特徴その3 忘れっぽい?

でもでもっ?
このままじゃ、
具合も悪いのに1日かけてこの病院を受診した意味って
一体、なんなんだろうね?
そう思ったワシは、
せめてMRIの画像コピーを
定期的に診察してもらっている大学病院に提出したら
ワシも大学病院でまたMRI検査受ける必要もないし、
診察してくれている教授さまにとっても
治療を進めるうえで良いのかなぁ、
などと考え、
「すいません、MRIの画像コピーって
この病院ではありますか?もちろん、実費は負担しますので。」
って
生まれながらのジェントルマンであるこのワシが
努めて紳士的に聞いたのです。
それに対するイモ野郎の答え。
「そんなものはないっ!もう終わり!」
期待どおりの、
クッソ回答でした( ´∀` )

大人なワシ! 
※ ここは読み飛ばしても問題なし!


診察室にはイモ野郎とワシ。
そんでもってイモ野郎の後ろの方に
30代前半くらいだろうかなぁ?
マスクしてるんだけど
なんとなく「ファーストサマーウイカ」に似てるような気もする、
まぁ、なんつうか、
ワシのストライクゾーンの「外角高めいっぱい」には入っておる
看護師さんが申し訳なさそうに佇んでおるわけですよ。
あ、ちなみにワシの「ストライクゾーン」ってのは
ド真ん中周辺は「広瀬すず」、「弘中綾香」。
外角高めあたりかな、ミキティは。
(真矢な。真矢ミキさま。「しんや」じゃねぇぞ、このヤロッ!)
そんで内角低めいっぱい
あいみょんだな。
うん行ける、
ボク、あいみょん、行ける!
あ・い・み・ょ・ん♡

( ^ω^)・・・

って、何の話だっけ?
あ、そうそう、イモ野郎の話な!
もう目ン玉回りそうで意識朦朧なんじゃよっ!
そんでもって、
ここでブチ切れしたら看護師さんに迷惑かかるわな、
そう思ってキレそうな感情を必死で押し殺したワシ。
大人なワシ。

生まれも育ちも、もう、根っからのジェントルマン、
もうなんていうか
全身ジェントルマン(?)であるこのワシが
たかだか病院でたまたまエンカウントした
「マジシャン系イモドワーフ野郎」なんかに
マジ切れするわけがない。
ただまぁ、ワシ、なんちゅうか
「身体は正直」な方なんで
診察室の引き戸をちっからいっぱいに
バッっチーン!ってねぇ!
閉めてやったんです。
そしたらもう、
ワシの右耳が再度、キーン!って、ねぇ!
(アホの自業自得ですわな。)

まぁ、でも?
でもでもっ!
ここでファーストサマーウイカ似の
典型的な大阪美人顔(派手顔多いよな!)した看護師さんが
「にゃんおうさーん♡」って、
追いかけてくるんですよね?
そういうパターンですよね?
さぁこい!
ウイカ!
ワシを追って、さぁ!こいコイこーい♡

なんでだろうな?
こねぇんだわ。
心配になってちょっとナースステーション前で
追いかけてくるのをちょっと待ったりしたんだけど

(ガチでヤッベェやつ!)
こねぇんだわな、
なんでじゃ?
余計に腹立ったままに会計窓口へ。

ここまで書いて思ったんですけど、
イモ野郎ってさぁ、
老人性痴呆の初期症状がでてるんじゃないですかね?


イモ野郎、病院の「内外」では「有名人」!

会計窓口もそんな待つことなくワシの順番が来て、
お金払おうと思って受付カウンター見たら、
「MRI、レントゲン等の検査画像が必要な方
CDーROMでお渡ししております。
実費2,000円
お気軽に窓口にお申し出ください」

って書いあったんです。

えっ?って思ったのですが、
そこはもう気軽な感じで、

あのーすんません!
今日MRI撮ってもらったんですけど
通院してる大学病院に渡したいので
これ、いいですか?

って聞いたんです。
会計窓口の方も全然オッケー!みたいな感じですし。
なんなんだ、さっきのイモ野郎!
あるじゃねぇかよ!

窓口のおねいさんが、
「にゃん王さん、ちなみに本日はどの先生の診察でしたか?」
って聞いてきたんですね、、
よく考えたら今日初めて会ったばかりで
まだ付き合ってもいないってのに(?)
ワシがイモ野郎の正式な学術名(名前、な!)
なんてわかるワケがない。
「イモ野郎です。」
そう答えたかったのですがそこは我慢。
「すみません、名前とかちょっとわからなくて・・・」
「じゃぁこちらでカルテ確認しますので少々お待ちください」
だったら聞くなよ。
そう思ったのですが、よく見たら
窓口のおねぇさん、
マスク越しではありますが
どことなく「石原さとみ」に似ているような気がしたので
大人しく待つことに。

しばらくしたら石原さとみ(!)と一緒に
会いたかったぜウイカちゃん(!)まで一緒にやってきて
「大変、申し訳ないのですが・・・
副院長がそんなの不要だ!って仰られて・・・
どうしても必要だったら通院先の先生からの依頼状が必要だと・・・・」

ですってよ。
ハイハイ、わかりました。
もういいです、CD-ROMなんかいらねぇよ。
でもって、
イモ野郎って、
あのツラさげて(!)
「副院長さま」だったのですね!?



そのやり取りを聞いていたであろう、
ワシの次に会計済ませていた
見知らぬ患者ジジイの一言。
「この病院の副院長は態度が最悪だからな!」
さとみちゃんとウイカちゃんも苦笑い。
きっと病院内でも噂されてるんだろうな。


病院の「口コミサイト」ってやつぅぅううう!

帰宅後、なにげなく某口コミサイトで検索してみたんです。
そしたらまぁ!
エゲツナイほどの☆1評価の数!
口コミサイトの☆1評価の書き込みでは、
・ イモ野郎の態度に対する苦情が6割。
・ 看護師の態度が悪い、これ3割。
そんでもって残りの1割が、
・ 「水商売人のような看護師がいる」、コレ!
  すげぇな!投稿年違いで4投稿くらいあるわ!

病院の口コミサイトの低評価書き込みで、
「水商売人のような看護師がいる」っていうのは初めて見た。
どんだけだよ、「水商売人みたい」ってのはっ!
衝撃ですね、メイク?茶髪?
ウイカちゃんのことかな?
ワシ的には全然オッケー!なんですけどね。

問題は、イモ野郎ですよ!
ホントはいい病院なんだと思います、きっとね。
でも、あんな態度の医師が副院長って、ねぇ?
どうなんだろう?
他の医師も事務局も
イモ野郎の悪評については知ってるんだと思います。
問題は、誰もイモ野郎に注意できない、
「おい、イモ野郎くん!キミもう定年!もう、クビ!!」って言えない
「何か」が、
この病院にはあるってことなんでしょうね。

誰か答えが分かる人、いますか?

最後に
どうしても気になるんですけど・・・
患者が希望するにもかかわらず
病院側がMRI画像等の検査データの提供を
正当な理由なしに断る行為に
法的な問題点はあるのかないのか?

気になるのでちょっと具合の良い時に調べてみようと思います。

そんじゃ、またね!

バイバーイ!








にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コロナでワシも考えた。(その1)

新型コロナ禍で感じた3つのこと

オッス!オラ、にゃん王!
梅雨入りしたら一層具合が悪いので
本日もサクッと本題へ!

コロナ禍で感じた3つのこと 
その1 大学病院は常に医療崩壊?

新型コロナウイルスの影響で
ちょっと前まで
医療関係者や医療施設のキャパを
患者数が上回る
「医療崩壊」ってワイワイ騒いでましたけど、
現在も月1で大学病院に通院しているワシからしたら、
大学病院なんて
恒常的に医療崩壊おこしちゃってるんじゃねぇの?
って思うんです。

地方の医療事情では概ね国立医大の附属病院が
その地元の最高水準の医療機関なんですわな。
病気によってはそれ専門に研究なされてる
医者というよりは研究者の方もいらっしゃいますし。
街の診療所や民間病院などから
「紹介状」持たされてくる患者の最期の希望の砦。

ここからはワシの病気に限っての体験だから、
耳以外の病気の方で通院してる方とはちょっと違うかも
なんですけど、
まぁ、とにかく、患者数が多すぎ!
「大学病院、混みすぎ問題」ですね。

街のお医者さんから紹介状出てるわけですから、
集う患者はそれなりに
やっかいな病気の(またはその疑いのある)患者なんですよね。
素人からしたら、
めんどい病気なんだからそれなりに時間かけて
しっかりとした診察、診療が必要なんじゃろうなぁ、と思いますよね。

でもでもっ!
実際のところはといえば、
具合の悪い中、何時間も待合スペースで
もうグッタリと待たされて、
肝心の診察は5分程度なワケなんですわな。

まぁ、しょうがない、
混み方が、もう、尋常じゃない。
異常なんですわ。
診療待合やら会計待合の状況をみると、
ソーシャルディスタンス?何それ地球の言葉?
って感じがしますね、
ユニバーシティ(大学)はユニバース(宇宙)が語源なだけはあるよな、別世界じゃよ。

大学病院の先生、医局の医師が悪いワケではない。
完全に1人の医師が病院の診療時間内で
「まともにしっかりと診察できる患者数」を超えている。
まともに患者一人一人診察できない状態ってのは、
医療崩壊ではないのですか?

所定の時間内に膨大な無茶苦茶な数の患者を
「さばかなきゃならん」としたら?
その時に、
発症原因もよくわかってなく、
治療法も確立されていない病気の患者が来たら?

本来は、そういう「難治性」の病気を
専門的に治療にするのが
大学病院とか基幹病院の役割だと思いますけど、
まぁ、無理だわな。
一人一人の患者にかけられる時間があまりにも少なすぎ。

そういう意味では、大学病院の先生ってのは
ホントに、恒常的に、コロナの流行なんかと関係なく、
まさに超人的な、
過酷な働きを要求されていると思うんです。
頭が下がりますわ、でも今は下げねぇ!
頭下げると下Ro吐きそうになるからなっ!

ワシなんか最近
いつもお世話になってる教授さまには
受診するたびに
なんだか申し訳ない気持ちがしてくるんですよ、
「すまねぇな、先生、クッソ忙しいのに
何やっても良くねぇワシみたいなのまで
診てくれてよぉ!すまねぇなぁ、
ホンマに、すまねぇなぁ!」って、ねぇ・・・
なんだか、切ないね、あ、ちょっと目ン玉回りそうなんで
トラベルミン飲んでくるな、ちょっと失礼。

・・・・・・・・

ふぅ!
なんとか、今日も最後まで書き切れるか?

・・・・・・

病気の種類によっては
「大学病院では精密検査と診断、
その後の治療は診療所へ」、を
制度化したらどうなのか?


街の診療所では治療が難しい病気を治療するのが
大学病院や基幹病院の役割だと思います。
ですが、
あまりにも患者数が多すぎるため
理想的な姿とはあまりにもかけ離れた現状があります。

一つの解決策として、
大学病院 → 街の診療所 というように、
患者を診療所に戻すことを制度かしたらどうでしょうか?

街の診療所から紹介状持って大学病院を
受診する理由としては、診療所の先生が、
専門的かつ精密な検査が必要、と判断したから
だと思います。

検査の結果、病態が判明し、
その病気に対するエビデンスのしっかりとた
治療薬やら治療方法が確立されている場合には、
検査をした大学病院ではなく、
紹介先の診療所で治療を行うということを
ルール化、法制化したらどうでしょうか?

現在もある程度、医師の判断で、
大学病院から診療所に変更する場合もありますけども、
制度的としてそのようにすべきだと思いますね、
医師もその方が患者に話しやすいワケですよ、
転院が先生の任意だとしたら、
アホな底辺患者(!)とかが
「なんでワシを大学病院で治療しないんじゃコンボケェ!」なんて
難癖つけたりしそうですから。
あ、ワシか?
ワシがそういうことを真っ先に言いそうだ、トカ?
あらまっ、ワシがそんなおゲスな少年(?)に見えるとしたら
貴方の目は相当、
どぶ川程度に濁ってるはずなので
今すぐプロアクティブに電話してみてねぇ♡
( ´艸`)

大学病院の通院患者に
「不要不急の通院」っていうのはアリなのか?


そんでもって
なんで今日の記事みたいなことを考えてたかというと・・・、

2月 
→ 大学病院、激混みまくりの通常運転。
3月
→ 大学病院、患者が異常に少ない。
 今の大学病院に通院してもう4年ほど経過したと思うが、、
 予約時間にいなかったことを初めて責められる。
 ふぁっ!?ってなったよ( ´∀` )
      
4月
→ 初めて予約時間どおりに診察開始!
  耳鼻科なんか待合室にワシ以外に数人程度。
  若い患者しかいない、あ、ワシもな!
  今ワシ、花盛りメニ盛りの18歳!m9(・∀・)ビシッ!!

5月
→ 先月にもましてマジで患者がいない。
   そして何故だろう?
   待合スペースで高齢者を全く見なくなった。
   
6月(ついこの前)
→ 大学病院、激込み。 
   耳鼻科、激込みで壇蜜じゃねぇよ、三密状態。
   高齢者がもう、たっくさん、いたんだおっ!

っちゅうワケで・・・
決してこの問題で高齢者を悪く言いたいワケではありませんが、
コロナ禍っていう理由で
大学病院に通院していなかった人って、
一体、何なんだろうね。
「不要不急の通院」ってヤツなのですかね?
だったらさ、わざわざ大学病院に通院する必要なくねぇ?
なんて思ったのです。
   
ま、ワシなんかも
世の中コロナ祭りの真っ最中でも
通院して
そんでもって ちったぁ症状が治まったり
改善したりしたかというとだねぇ、、
なんつうか・・・

むしろ悪化しちゃってるんだけどね
(∀`*ゞ)テヘッ
もう笑うしかないわ。。。

orz

今日はコレでおしまい、
書きたいこともあるので
しばらくは体調をみながら書けたら書きます。

そんじゃまたね!
バイバイ!




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。